このページの本文へ移動
東京消防庁中野消防署>日常生活事故情報

日常生活事故情報

毎年12月から1月にかけ餅などによる窒息事故が多くなります。

窒息事故に注意

窒息事故に注意

毎年12月から1月にかけて餅などによる窒息事故が多くなります。

東京消防庁管内1)では、平成21年から平成25年までの5年間に、餅など2)をのどにつまらせて、586人が救急搬送されています。

特に高齢者(65歳以上)の事故が多く、約9割を占めています。年末年始には、餅料理を食べる機会が増えるので、注意が必要です。

電気ストーブによる火災が多発しています!

電気ストーブによる火災が多発しています!
電気ストーブによる火災が多発しています!

 

中野区中野5丁目で、電気ストーブと布団が接触して火災が発生しました。

 

東京消防庁管内で最近5年間の住宅の ストーブ火災の発生源は電気が73%、 石油が19%となっています。電気ストーブ は安全と過信しないで、 「可燃物から離して!!」 「使わない時は、プラグを抜いて!!」


↑このページのトップへ戻る