このページの本文へ移動
東京消防庁深川消防署消防署の紹介

消防署の紹介

年号(西暦) 深川消防署のできごと
明治14
(1881)年
・消防第六分署が八名川警察署内において発足
明治39
(1905)年
・「第六消防署」と改称
大正元
(1912)年
・第六消防署が深川区東森下町108番地(現、高橋)に新築移転
大正9
(1920)年
・第六消防署の体制は、本署のほか出張所3(黒江町、松倉町、花町)人員106名、ポンプ車4台、消防組数6組228名
大正11
(1922)年
・第六消防署の管轄下に柳島派出所、洲崎派出所の増設
大正12
(1923)年
・関東大震災により第六消防署は焼失し、洲崎派出所(深川西平井町1番地)に一時移転
大正15
(1926)年
・第六消防署は「深川消防署」と改称、洲崎派出所は出張所に昇格し、深川消防署に統轄
昭和2
(1927)年
・深川消防署が深川区富川町2番地(現、森下出張所位置)に新築
昭和5
(1930)年
・第六方面内の消防署が、深川、本所、永代橋各消防署となる
昭和9
(1934)年
・深川消防署の所在地が町名地番の変更により、深川区高橋5丁目2番地に改訂
昭和14
(1939)年
・洲崎出張所が深川消防署から分離し、消防署に昇格
昭和17
(1942)年
・洲崎消防署の管轄下に、枝川出張所を新設     ・深川消防署で救急業務開始
昭和18
(1943)年
・常磐町派出所、清澄町派出所が深川消防署に、千石派出所、豊洲出張所(新設)が洲崎消防署に配属
昭和20
(1945)年
・東京大空襲で深川地区は炎上、全滅し、深川・洲崎消防署が統合
・永代橋消防署が、永代出張所として復活し、深川消防署に所属
昭和23
(1948)年
・東京消防本部を東京消防庁と改称、深川消防署は洲崎、永代、豊洲、枝川各出張所を統轄
昭和24
(1949)年
・深川消防団の結団式を江東区役所で挙行(団員250名) ・深川消防署内に、深川予防事務所が設置
昭和25
(1950)年
・豊洲出張所を江東区豊洲2丁目9番地に新築移転
昭和26
(1951)年
・少年消防クラブ(消防少年団の前身)が発足
昭和39
(1963)年
・都市ガス爆発火災(深川三好町・深川平野町)
昭和42
(1967)年
・枝川出張所を耐火構造に改築
昭和44
(1969)年
・都内初の女性自衛消防隊誕生(日新製糖株式会社)
昭和45
(1970)年
・深川消防署三部制勤務体制を実施
昭和47
(1972)年
・豊洲出張所庁舎を改築
昭和49
(1974)年
・豊洲出張所に梯子車(35m級)が配置   ・豊洲出張所梯子特別救助隊が運用開始
昭和52
(1977)年
・豊洲出張所に高所放水塔車、大型化学車、泡原液輸送車が配置
・倉庫爆燃火災(辰巳1丁目)
昭和53
(1978)年
・深川消防少年団発団
昭和54
(1979)年
・深川消防署庁舎が新築移転(江東区木場3−18−10) ・旧深川消防署庁舎を森下出張所として改称
・豊洲梯子特別救助隊が深川梯子特別救助隊に改称   ・洲崎出張所を廃止
昭和56
(1981)年
・深川消防署開署100周年
昭和60
(1985)年
・永代出張所を改築し、事務開始
昭和61
(1986)年
・豊洲出張所に無人走行放水車(レインボーファイブ)が配置
昭和62
(1987)年
・森下出張所及び第七消防方面本部を改築し、事務開始
平成3
(1991)年
・深川消防署歌、シンボルマークを制定
平成4
(1992)年
・枝川出張所化学機動中隊発隊
平成5
(1993)年
・メタンガス爆発火災(越中島3丁目)
平成7
(1995)年
・阪神淡路大震災へ森下救急、深川特別救助隊を派遣
・深川梯子特別救助隊が第74消防特別救助隊として運用開始
平成9
(1997)年
・消防活動二輪車隊(クイックアタッカー)運用開始
平成10
(1998)年
・レインボータウン出張所(深川・臨港消防署の出張所)が事務開始
・救急ヘリコプター連携隊として深川救急、豊洲救急隊が指定
平成12
(2000)年
・レインボータウン出張所(深川・臨港消防署の出張所)が組織改正に伴い昇格し、深川消防署「有明分署」として事務開始
平成15
(2003)年
・栃木県黒磯市ブリジストン栃木工場火災に豊洲大型化学小隊が出場
平成16
(2004)年
・新潟県中越地震へ深川消防活動二輪車隊(クイックアタッカー)、深川資材輸送小隊を派遣
平成18
(2006)年
・豊洲特別消火中隊発隊
平成19
(2007)年
・枝川出張所化学機動中隊が大島出張所化学機動中隊に改称、城東消防署大島出張所へ配置換え
平成21
(2009)年
・深川消防署豊洲出張所庁舎が江東区豊洲2−2−23に移転し、仮庁舎にて事務開始
平成23
(2011)年
・東日本大震災に伴い、宮城県気仙沼市に豊洲特別消火中隊、深川救急小隊、枝川1小隊を派遣し、福島県原子力事故現場へ豊洲屈折放水小隊を派遣
平成24
(2012)年
・深川消防署枝川出張所庁舎が江東区塩浜2−5−2に移転し、仮庁舎にて事務開始
・組織編成に伴い、深川消防署内の特別消火中隊を豊洲特別消火中隊から森下特別消火中隊に変更し運用開始
 平成28
(2016)年
・深川消防署豊洲出張所新庁舎にて事務開始(6月)
・深川消防署枝川出張所新庁舎にて事務開始(9月)
・枝川出張所枝川救急隊が配置され運用開始(10月)

↑このページのトップへ戻る