このページの本文へ移動
東京消防庁深川消防署お知らせ

深川消防署からのお知らせ

第48回消防救助技術庁内選考会が実施されました

  令和元年5月14日から16日まで3日間にわたって、夢の島訓練場に  て消防救助技術庁内選考会が実施されました。深川消防署からは、特  別救助隊が障害突破と引揚救助、ロープブリッジ救出に出場しました。

 5月14日 障害突破 5月15日 引揚救助  5月16日 ロープブリッジ救出 
  3部引揚   


  祝 深川1部特別救助隊 関東大会出場

  消防救助技術庁内選考会の結果、1部特別救助隊がロープブリッジ救出の部で東京代表として関東大会への
 出場が決まりました。
  関東大会は、7月5日長野県消防学校で行われ、8月25日岡山県で行われる全国大会への切符をかけ
 て、安全、確実、迅速な消防救助技術を更に高めるため隊員たちは日々訓練に励んでいますので、ご声援をお願
 いします。
 

   

「フャイヤープラザinふかがわ2019春」が行われました。

 
   平成31年3月2日(土)、深川ギャザリア広場、イトーヨーカドー木場店(江東区木場1丁目5番)に
  おいて、「ファイヤープラザinふかがわ2019春」が行われました。
   この日は、晴天の中、車両展示やはしご車搭乗体験、AEDによる応急救護、火災実験展示、模
  擬消火器での初期消火体験、大声コンテストなど盛りだくさんの防災体験が行われたほか、深川
  消防少年団の鼓笛演奏も色を添え、にぎやかに行われました。
   日頃から幅広い年代に利用される深川ギャザリアでの防災体験に、災害が起こった際に活躍が
  期待される若い世代の人々が多く参加し、楽しみながら地域の防災行動力アップを図ることができ
  ました。災害の多かった平成という時代の最後の火災予防運動に、未来の時代に来るであろう災害
  への備えの第1歩を踏み出した1日となりました。

模擬消火器での初期消火体験  大声コンテスト 
初期消火体験  大声コンテスト 
 深川消防少年団の鼓笛演奏 消防演技 
深川消防少年団鼓笛演奏  消防演技 

平成31年春の火災予防運動について

  
  火災予防運動の目的
  
  この運動は、火災が発生しやすい時季を迎えるにあたって、都民の
 皆様に防火防災意識や防災行動力を高めていただくことにより、火災
 の発生を防ぎ、万が一発生した場合にも被害を最小限にとどめ、火災
 から尊い命と貴重な財産を守ることを目的としています。

 実施期間 平成31年3月1日(金)から3月7日(木)まで      

  平成30年度東京消防庁防火標語
 
  「火の用心 一人一人の 心掛け」       
       
作者 向井 洋平さん(葛飾区在住)

ファイヤープラザinふかがわ
2019春 
平成31年春の火災予防運動ポスター 
ファイヤープラザ  火災予防運動 

1月26日は文化財防火デーです

   「文化財防火デー」は昭和30年に定められ、平成31年で65回目を迎えます。
  (昭和24年1月26日、世界最古の木造建築物、奈良県法隆寺で火災が発生しました。)
  東京消防庁では、1月26日を中心に文化財を火災や地震などから守るための
  自衛消防訓練の実施などを呼びかけ、将来に継承すべき貴重な財産である文
  化財の火災予防を推進します。
 
 推進標語  育てよう 歴史を守る 防火の心

  1月22日(火)、深川不動堂で消防演習を実施しました。
  

   深川不動堂は、千葉県成田市にある大本山成田山新勝寺の東京別院であり、
  古くより「深川のお不動様」と親しまれ、平成19年に旧本堂が江東区指定の文化財
  に登録されました。
   演習は、参拝者の方々や約150名の保育園児などが大勢見守るなかで行われ、
  不動堂本堂が火災になったとの想定で、 不動堂自衛消防隊はじめ関係者の方々、
  消防隊、消防団、深川災害時支援ボランティア、富岡一丁目災害支援隊が協力し、
  貴重な文化財を守るための連携活動を披露しました。

  
初期消火  深川不動堂 

一斉放水 


   1月30日(水)玄信寺で消防演習を実施しました。

   玄信寺は、寛永6(1629)年に深川下佐賀町に創建され、寛永18年に当地に移転したといわれています。
   演習は、参拝者や多くの保育園児などが見学する中で行われ、消防隊、深川消防団員、災害時支援ボ
  ランティア、災害協力隊が連携して活動しました。

深川消防署有明分署が7月24日から新庁舎で事務を開始します。

  平成30年7月24日より、有明分署は新庁舎での事務を開始します。
  2020年には、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会が開催され、ますます発展してい
 く有明地区で、これからも『誰からも信頼され、親しまれる消防分署』を目指し、地域の皆様の安全・
 安心のため業務に取り組んでまいります。

 所在    江東区有明一丁目2番43号 (旧庁舎は江東区有明三丁目4番2号です。)
 電話番号 03−3529−0119      (電話番号及びFAX番号は、変更ありません。)
 FAX     03−3529−0129  
 配置車両 ポンプ車1台、救急車1台
 交通機関 東京臨海新交通りんかい線(ゆりかもめ)
        「有明テニスの森駅」徒歩5分   

 新庁舎  付近図
有明   




↑このページのトップへ戻る