このページの本文へ移動
東京消防庁深川消防署お知らせ

深川消防署からのお知らせ

「第67回はたらく消防の写生会」入賞作品の展示会について

  江東区内の小学校、中学校など18校から2596名の生徒・児童が参加して行われた「第67回はたらく消防
 の写生会」の優秀作品198点について、管内2か所の会場で展示を行いますので、是非ご覧ください。

 
 会場名 展示期間・展示時間  展示を行う学校 
 江東区文化センター
   2階展示ロビー
 東陽4丁目11番3号
 8月7日(月)      13時から22時まで
 8月8日(火)、9日(水)  9時から22時まで
 8月10日(木)        9時から15時まで
辰巳小、東雲小、元加賀小、
東陽小、有明小、第二辰巳小、
扇橋小、明治小、枝川小、
数矢小、平久小、越中島小、
深川小、東川小、臨海小、
東京朝鮮第二初級学校、
豊洲北小、深川第四中 
 江東区豊洲文化センター
 (豊洲シビックセンター)
   1階ギャラリー
 豊洲2丁目2番18号
  8月15日(火)       13時から22時まで
 8月16日(水)、17日(木) 9時から22時まで
 8月18日(金)         9時から15時まで

 
 江東区文化センター 豊洲文化センター
(豊洲シビックセンター) 
   
 
                            お問合せ先 深川消防署 予防課防火管理係
                                    03−3642−0119 内線520

防災デリin深川ギャザリアの実施について

  ハッピーデーはギャザリアで防災訓練!

  深川消防署では、深川ギャザリア(センタープラザほか)において、6月からハッピーデー(各月8日,18日、2
 8日)に防火防災訓練を実施していますので、是非ご参加ください。
  参加者には、スタンプカードを配布します。スタンプがたまればギャザリア内の店舗にて特典が受けられま
 す。
  なお、雨天等で中止する場合は、当日、ホームページに掲載しますので、ご不明な時は深川消防署に確認
 してください。
 
  日 時  平成29年8月 8日(火) 10時00分から13時00分 
                      (初期消火訓練−ウェルカムゾーン)
        平成29年8月18日(金)10時00分から13時00分
                      (応急救護訓練−センタープラザ)
        平成29年8月28日(月)10時00分から13時00分 
                      (身体防護訓練・救出救助訓練−イトーヨーカ堂正面入り口)

  場 所  江東区木場1−5 深川ギャザリア(センタープラザほか)

 6月の訓練風景  
 6月8日 初期消火訓練  6月18日 応急救護訓練  6月28日 身体防護訓練
 初期消火  応急救護  身体防護


  問合せ先  深川消防署 警防課 地域防災担当
          TEL 3642−0119 内線324  

祝 関東大会出場! 深川1部特別救助隊


   平成29年5月9日から11日まで行われた第46回消防救助技術庁内選考会において、深川1部特別
  救助隊が、昨年に引き続き庁内選考会を突破し、7月14日に山梨県消防学校で開催される消防救助
  技術関東地区指導会にロープブリッジ救出の部において、「東京代表」として出場します。
   この大会は、関東地区の消防隊員が救助技術の安全性・迅速性・確実性を競うもので、8月に行われる
  全国大会の選考会を兼ねています。
   全国大会出場、全国制覇に向けてより厳しい訓練に臨みますので、今後ともご声援をお願い致します。

       深川1部特別救助隊 
 
 
 

平成29年度危険物安全週間の実施について

   危険物安全週間の目的
  
   危険物に対する安全意識の向上と危険物に関する知識の普及を図り、危険物災害を未然に防止する
  ために、全国一斉に毎年実施されています。

   実施期間 平成29年6月4日(日)から6月10日(土)まで
   
   平成29年度危険物安全標語

   危険物 ルールを守って 安全に  作者 山口 恭史さん(新宿区在学)
 
 
    平成29年度危険物安全週間ポスター
 
  

江東区深川消防署・城東消防署合同水防訓練を実施しました

  平成29年5月19日に都立木場公園いおいて、平成29年度江東区深川消防署城東消防署合同水防訓
 練を実施しました。
  江東区をはじめ、町会、消防団、災害時支援ボランティア、そして消防隊が連携し排水作業や各種水防
 工法による実践的な訓練を実施しました。
 これから、台風や集中豪雨による水災害が発生しやすい時期を迎えます。日頃からの備えが大切です。

 
        改良積み土のう工法           銅版防護工法         大型積み土のう工法
 積み土のう 銅版防護工法   大型

第46回消防救助技術庁内選考会が実施されました

  平成29年5月9日から11日までの3日間、夢の島訓練場にて消防救助技術庁内選考会が開催されま
 した。深川消防署からは、特別救助隊がロープブリッジ救出と引揚救助に出場し、はしご隊員とポンプ隊
 員はほふく救出とはしご登はん、ロープブリッジ渡過に出場しました。隊員達は長く厳しい訓練の成果を発
 揮し、今後の消防活動にその成果を大いに発揮してくれることと思います。

 
 5月9日 2部特別救助隊          ロープブリッジ救出
 2部ブリ救  2部ブリ救
  2部森下・枝川チーム ほふく救出  
 2部ほふく  2部ほふく

 5月10日 3部特別救助隊            引揚救助  
 3部引揚 3部引揚   
  永代3部チーム ほふく救出   枝川3部チーム  ほふく救出  
 3部ほふく  3部ほふく  

 5月11日 1部特別救助隊          ロープブリッジ救出  
 1部ブリ  1部ブリ  1部ブリ
 5月11日 ロープブリッジ渡過    
 1部とか  1部とか  
 5月11日 はしご登はん    
 1部永代  1部有明  1部枝川
 1部永代 1部豊洲   1部枝川
 とはん  はしご登はん  
 5月9日  2部  5月10日 3部  5月11日 1部
 2部  3部  1部



ファイヤープラザinふかがわ 2017

  平成29年3月4日(土)、春の火災予防運動の恒例行事として「ファイヤープラザinふかがわ 2017」が
 イトーヨーカドー木場店と深川ギャザリア広場において開催されました。
  週末ということもあり、たくさんの方が足を止め、はしご車の搭乗体験をはじめ、初期消火、応急救護、ロ
 −プ渡過、起震車、煙ハウスなど様々なコーナーを体験し、皆さんの防災行動力がより一層向上したという
 手応えを感じることが出来ました。

  
 セレモニー  演奏  とか
 はしご  消火  起震車

  消防隊演技
  東京地方に震度6強の地震が発生したことにより、プラザ1階から出火したとの想定で、消防活動二輪と
 消防団による消火活動及び倒壊物の破壊活動、はしご隊と救助隊による屋上の要救助者の救出及び
 緊急脱出を実施。最後に一斉放水を行いました。

 二輪 はしご 
 斜め  座席懸垂
 一斉放水  

 

平成29年春の火災予防運動について

  
  火災予防運動の目的
  
  都民の皆様に防火防災に関する意識や防災行動力を高めていただくことにより、火災の発生を防ぎ、
 万が一発生した場合にも被害を最小限にとどめ、火災から尊い命と貴重な財産を守ることを目的として
 います。

 実施期間 平成29年3月1日(水)から3月7日(火)まで      

  平成28年度東京消防庁防火標語
 
  火の始末 油断しないで 最後まで       

       作者 古本 創大さん(新宿区在学)

  

     平成29年春の火災予防運動ポスター

   
  春の火災予防運動に伴う主な行事
 
行事名   日時・場所 実施内容 
 ファイヤープラザinふかがわ
       2017

日時:平成29年3月4日(土)
    10時00分から15時00分まで
場所:深川ギャザリア広場
    イトーヨーカドー木場店
    (1階催事スペース)
    江東区木場1丁目5番
 詳細はこちらから

文化財防火デー

  
 1月25日 宗教法人増林寺で消防演習を実施しました。
   
  増林寺は、駒込高林寺四世白洲全龍和尚が開山となり寛永5年(1628)に創建したといわれています。
  演習は、参拝者の方々や幼稚園児などが大勢見守る中で行われ、増林寺本堂1階から火災が発生した
 との想定で始まり、関係者による初期消火や本堂から江東区指定文化財である絹本色毘沙門天像を運び
 出し、消防隊による一斉放水を実施し、文化財を守るための消防演習を披露しました。
  
  
 増林寺  一斉放水  集合写真


 1月24日 富岡八幡宮で消防演習を実施しました。

  富岡八幡宮は約400年前、当時永代島と呼ばれていた現在地の砂州一帯を埋め立て創建されました。
  人々からは「深川の八幡様」と呼び親しまれ、江戸最大の八幡様としていつも多くの参拝者で賑わって
 います。
  演習は、参拝者の方々や幼稚園児などが大勢見守る中で行われ、八幡宮御本殿が火災になったとの
 想定で、八幡宮自衛消防隊はじめ関係者の方々、消防隊、消防団第5分団、深川災害時支援ボランティア、
 富岡一丁目災害支援隊が協力し、貴重な文化財を守るための連携活動を披露しました。
 
 
   富岡八幡宮  一斉放水

 

  1月23日 深川神明宮で消防演習を実施しました。

  深川神明宮は、深川の地名の発祥ともなった深川八郎右衛門が、日頃から崇敬する伊勢新宮の天照
 大御神の分霊を祀るため、屋敷内に建てた小さな祠を起源としています。
  演習は、参拝者の方々や幼稚園児などが見守るなか、神明宮本殿が火災になったとの想定で、神明宮
 の関係者の方々、消防隊、消防団第3分団が協力し、貴重な文化財を守るための連携活動を披露しました。

  
神明宮   神明宮

  
  

  1月26日は文化財防火デーです。
  
  文化財防火デーとは、文化財を地震その他の災害から守るため、文化財の所有者、管理者その他の
 関係者及び文化財の周辺に居住している住民の方々に対して、防火防災体制の充実強化を呼びかける
 とともに、みなさんの文化財愛護に関する意識の普及と防災意識の高揚を図ることを目的としています。

  推進標語
  育てよう 歴史を守る 防火の心 (平成28年度東京消防庁文化財防火標語)

  文化財防火デーに伴い消防演習を実施します。
 
 1 日時 平成29年1月23日(月) 11時00分から11時30分まで
   場所 深川神明宮 江東区森下一丁目3番17号

 2 日時 平成29年1月24日(火) 10時10分から10時40分まで
   場所 富岡八幡宮 江東区富岡一丁目20番3号
       (江東区指定文化財)

 3 日時 平成29年1月25日(水) 10時00分から10時30分まで
   場所 宗教法人増林寺 江東区二丁目19番13号
       絹本色毘沙門天像(江東区指定文化財)

   ※荒天等により、中止となる場合があります。

 
 



深川1部特別救助隊 消防救助技術大会関東大会出場決定!


 5月11日から13日まで夢の島訓練場において実施された第45回全国消防救助技術大会に向けた庁内選
考会で、深川1部特別救助隊がロープブリッジ救出で見事庁内選考会を突破し、東京消防庁の代表として関東
大会に出場することとなりました。

 第45回消防救助技術関東地区指導会
1 日時
  平成28年7月13日(水) 9:00〜15:30
2 場所
  神奈川県総合防災センター、神奈川県消防学校

   ブリ   関東

  チームリーダー(右の写真 1番右)からの一言
  東京代表として、全国優勝目指し感謝の気持ちを忘れず日々訓練に臨みます。

  深川1部特別救助隊は、消防救助技術の一層の練磨及び向上を図るため、6月から強化訓練に励みます。
  今後ともご声援を宜しくお願い致します。





第45回消防救助技術庁内選考会が行われました!


 平成28年5月11日から13日まで、夢の島訓練場において、第45回全国消防救助技術大会に向けて庁内
選考会が実施されました。深川消防署からは、団体種目でロープブリッジ救出と引揚救助の部に出場し、個人
種目ではしご登はんの部に出場しました。
 隊員達は、長期間に渡る厳しい訓練に取り組み、深川消防署の代表として、その成果を十分に発揮するとと
もに、今後の消防活動にその成果を発揮できるように今後とも継続して訓練に励んでいきます。

 ロープブリッジ救出(1部特別救助隊 5月11日)

救助大会 救助大会 救助大会

 ロープブリッジ救出(2部特別救助隊 5月12日)
救助 救助 救助
 
 引揚救助(3部特別救助隊 5月13日)            はしご登はん    

引揚 とはん とはん 





ファイヤープラザ2016 in ふかがわ

    

 平成28年3月5日(土)、春の火災予防運動の恒例行事として、「ファイヤープラザ2016 in ふかがわ」が
イトーヨーカドー木場店と深川ギャザリア広場において実施されました。
 週末ということもあり、多くの買い物客の方々が足を止め、はしご車の乗車体験、初期消火、応急救護、
起震車、煙体験ハウスなど様々なコーナーを体験され、イベントは大盛況のうちに幕を閉じました。
ありがとうございました。



文化財防火デー(平成28年1月26日)に霊巌寺で消防演習を実施しました!

文化財防火デー    1月26日

 
 平成28年1月26日(火)の文化財防火デーに伴い、江東区白河一丁目にある霊巌寺で消防演習を実施しました。
 参拝者の方々や幼稚園児など多数の来場者が見守るなか、霊巌寺の関係者、消防隊、消防団、白河一丁目町会災害協力隊、災害時支援ボランティアが協力し、貴重な文化財を守るため連携した活動を披露しました。
 来場者から、「文化財は将来にわたり継承していかねばならない、かけがえのない大切な財産です。地域住民で守っていかなければならないと改めて実感しました。」という声も聞かれ、非常に有意義な演習となりました。
  

↑このページのトップへ戻る