このページの本文へ移動
東京消防庁安全・安心情報>リコール・社告品等からの火災事例

リコール・社告品等からの火災事例

このコーナーは、東京消防庁管内で発生した火災のうち、リコール・社告品等に起因したものについて公表して注意を呼びかけ、火災の再発を防止することを目的としています。

同一製品の場合、製造期間、製造番号等によっては、リコール・社告の対象品となっている場合があります。

対象製品の製造番号、不具合の内容等、詳細については各メーカーまたは販売会社へお問い合わせください。


関係業界等の社告情報





事例No. 製品名
メーカーまたは販売会社
品番・型番等
出火年月 社告等
発表日
内 容
6 電気ストーブ(カーボンヒータ)
ユアサプライムス株式会社
YA-C945SR(WH)
 H29.5  H28.3.19 強弱切替用に使用されているダイオードの不具合により、出火に至るおそれがある。
5 電気クッキングヒーター
株式会社ハウステック
(旧 日立化成工業株式会社)
HK-1102
 H29.3 H19.7.3  身体や物が接触し、意図せずスイッチが「入」となり、周囲に可燃物が置かれていた場合火災に至ることがある。
 4  ノートパソコン用バッテリパック
パナソニック株式会社
CF-VZSU61AJS
 H29.2 H26.11.13   製造工程上の不具合によりバッテリ内部が短絡し出火する。
3  電気クッキングヒーター
サンウェーブ工業株式会社
SBE101-100V
 H29.2 H19.7.4   身体や物が接触し、意図せずスイッチが「入」となり、周囲に可燃物が置かれていた場合火災に至ることがある。
2 ブルーレイレコーダー
ソニー株式会社
BDZ-T55
H29.1  H22.9.16 電源ケーブルコネクタの不良により、トラッキング現象が発生し焼損することがある。
 1 モバイルバッテリ
株式会社ハック
HAC1182
 H29.1 H28.11.18  製造工程上の不具合によりバッテリ内部が短絡し出火する。

東京消防庁トップページへ