このページの本文へ移動
東京消防庁調布消防署消防署の紹介

消防署の紹介

窓口のご案内

総 務 課
管理係 採用に関する問い合わせ
経理係 各種消防申請等の手数料のお支払い
警 防 課
防災安全係 防災訓練の指導/消防少年団/災害時支援ボランティア
消防係 たき火等の火災と紛らわしい行為の届け出/消防活動上支障ある行為の届け出
救急係 救命講習/応急手当の訓練
機械装備係 消防車や救急車等、消防車両に関する問合せ
予 防 課
予防係 消防設備等の着工・設置届/建物の消防検査/新築住宅に設置する住宅用火災報知機の設置届
防火査察係 【自衛担当】防火・防災管理者・消防計画届出/防火・防災管理講習等各種講習申込/自衛消防訓練届出
【査察担当】消防設備等の点検結果報告届け出/立入検査/禁止行為の解除承認
【広報担当】庁舎見学/はたらく消防の写生会
危険物・調査係  危険物施設の許認可申請/火災の原因調査及びり災証明
各出張所 上記全般について受付を行っていますが、内容によっては本署受付となりますのでお問合せ下さい。

調布消防署の沿革

昭和33年4月1日 小島町375番地に調布消防本部及び調布消防署が開設された。
調布市全域を管轄区域とし、本署に総務・会計・教務・警防・予防の5係を置き、普通ポンプ車2台署長以下21名の署員をもって事務が開始された。
昭和34年3月20日 救急車が配置され、4月6日から救急業務が開始された。
昭和35年4月1日 消防事務の一部を除き東京都知事に事務が委託された。
昭和38年12月1日 下石原2285番地(現 下石原1−16−1)に調布消防署新庁舎が完成し、事務が開始された。
昭和42年5月10日 国領町七丁目50番地8に調布消防署国領出張所庁舎が完成し、事務が開始された。
昭和46年5月15日 深大寺町2072番地に深大寺出張所庁舎が完成し、事務が開始された。
神代主張所が「つつじヶ丘出張所」と改正された。
昭和47年4月15日 国領出張所に救急車が配置され、運用が開始された。
昭和48年4月16日 はしご車が配置され、運用が開始された、。
昭和50年7月1日 水難救助隊が発足し、調布第一小隊で運用が開始された。
昭和54年11月18日 調布消防少年団が発足された。
昭和62年4月1日 国領出張所に救急車が配置され、運用が開始された。
平成20年4月1日 調布消防署50周年を迎えた。

管内地図

調布消防署の地図

↑このページのトップへ戻る