このページの本文へ移動
東京消防庁大井消防署消防部隊の紹介

消防部隊の紹介

大井消防署

化学機動中隊(ポンプ中隊)

危険物、毒劇物、放射性物質に関係する事故や、テロなどの災害時に最前線で活動する部隊が化学機動中隊です。火災の時にはポンプ隊として出場し、化学災害時には特殊災害対策車に乗車して出場します。
専門知識をもった隊員が高機能の資器材を使い、人命救助や危険な物質の特定、排除に当たります。

大井化学機動中隊
はしご隊

30メートル級のはしごを使い、高い所に取り残された人の救出や、はしごの上からの放水を行います。はしご車の操作は高い技術と知識が必要です。火災現場ではポンプ隊などと連携し、災害に立ち向かいます。

大井はしご隊
救急隊

救急現場に駆けつけてけが人や病人に適切な処置を行い、すばやく病院に搬送します。救急隊には救急救命士が配置され、高度な処置を実施します。また災害状況に応じ、ポンプ隊とともに出場します。

大井救急隊
指揮隊

災害現場で、建物の状況や避難状況、危険要因などあらゆる情報を収集し、活動方針を決め各隊を指揮する隊です。災害現場での司令塔的存在であり、経験、知識の多い優れた隊員が乗っています。

大井指揮隊

滝王子出張所

滝王子出張所のポンプ隊は特別消火中隊(A-One Fire Unit)として指定されています。

特別消火中隊の使命は、火災現場で中心となり、より速く効果的な活動をして、被害を最小限に抑えることです。さまざまな火災に対応するため、高い能力、体力と最新鋭の資機材を駆使して、消火のプロフェッショナルとして火災に挑んでいます。特徴的な金色の防火帽、黒色の防火衣で火災に出場します。

滝王子特別消火中隊は、管轄する地域特性にあわせ、東京消防庁の中でも珍しい小型ポンプ車2台の隊となっています。

滝王子特別消火中隊
滝王子特別消火中隊消防活動

八潮出張所

八潮出張所には、ポンプ隊1隊、救急隊1隊があり、八潮団地、勝島倉庫群、大井ふ頭地区等を担当し、災害対応にあたっています。

八潮1小隊
八潮救急隊

↑このページのトップへ戻る