このページの本文へ移動
東京消防庁大井消防署お知らせ

お知らせ

大井消防署からのお知らせ

行事結果

日付 行事結果
平成30年
3月6日
(火)
みんなで自衛消防訓練・防火防災訓練
 大井消防署において、主に管内の事業所や住民の方々を対象として、みんなで自衛消防訓練を実施しました。庁舎内の車庫内外や防災教室等のスペースを最大限に活用し、避難、初期消火、応急救護及び通報訓練を順番に効率よく実施できるよう会場を設営しました。事業所等での訓練ではなかなか体験できない、煙体験ハウスや訓練用AEDもあり、参加者は真剣に消防職員の説明に耳を傾けていました。
  
平成30年
3月4日
(日)
水中ショーで火災予防運動実施中!
 しながわ水族館において「しな水de火災予防」を開催しました。火災予防運動の恒例行事となった当イベントですが、今回はタツノオトシゴの新種「ヒメタツ」水槽とコラボレーションしました。ヒメタツが、ミニはしご車の梯体に尾をからませてぶら下がる可愛らしい姿に、多くの来館者が釘付けになっていました。また、11時と13時にトンネル水槽で行われた水中ショーでは、ダイバーが水中から生き物の紹介をした後に、火災予防運動の懸垂幕を両手で広げて火災予防をPRしました。
    
平成30年
3月2日
(金)
アトレ大井町店において一日消防署長による消防演習を実施
 平成30年春の火災予防運動に伴い、株式会社アトレ大井町店様の協力を得て、アトレ大井町店の店長に一日消防署長を委嘱し消防演習を実施しました。消防演習は、駅前広場で不審者がガスを発生させ、同時にアトレ大井町店で爆発により火災が発生したとの想定で行いました。大井化学機動中隊がガスの封じ込めとけが人の救出を行い、はしご隊と特別消火中隊が連携し建物上階から逃げ遅れを救出し、その後、隊員がロープを活用して建物外壁を垂直に降下し、緊急脱出を行いました。最後に、一日消防署長が、はしご車のバスケットに搭乗し、その指揮により消防隊が一斉放水を行いました。 近隣の保育園、幼稚園から大勢の子供たちが見学に訪れ、消防隊の演技に応援の声援を送り、一斉放水の後、はしご車バスケット上から一日消防署長が手を振ると、会場は笑顔に包まれました。
 
平成29年
11月12日
(日)
しながわ水族館が火災予防一色に染まる
 秋の火災予防運動に伴い、しながわ水族館において「しな水de火災予防」を開催しました。恒例行事となった当イベントですが、今回はさらにバージョンアップし、「品川と海」と「サクラダイ」の2つの水槽内に展示を行い、火災予防をPRしました。水槽前に、子ども向けクイズコーナーを設けるとともに、屋外広報ブースでは、キュータのぬり絵コーナーを設けました。さらに、大井化学機動中隊の特殊災害対策車を展示しました。
 秋晴れの空の下、たくさんの来館者が訪れ、クイズコーナーやぬり絵コーナーでは、子供たちの元気な声が響き、消防車と記念写真を撮る家族連れの笑顔があふれ、水族館は火災予防一色となりました。
 
平成29年
11月7日
(火)
「防火のつどい」で関根勤さんによるトークショーを実施
 きゅりあん小ホールにおいて、秋の火災予防運動に併せて開催した「防火のつどい」の講師に、タレントの関根勤さんを招き、「関根勤のよもやま話」と題したトークショーを行いました。お父様が当庁の消防官でいらしたことと、ご自身も品川区内の高校に通われていたことのご縁で、今回の講演を快く引き受けていただきました。
 関根さんは、得意の物まねでテンポよく会場を爆笑の渦に巻き込みながら、東日本大震災時のご自身の体験談や、防火・防災について日頃から気を付けていることなど、とてもわかりやすく、楽しくお話ししていただき、参加者からも質問が出るなど、会場は大いに盛り上がり、盛大な拍手で幕を閉じました。
 
平成29年
11月5日
(日)
四季劇場[夏]一日消防署長による消防演習を実施
 秋の火災予防運動に先駆け、劇団四季様の協力を得て、劇団四季俳優の一日消防署長による消防演習を実施しました。当日の公演終了時刻に合わせて行い、演習会場は多くの観客に囲まれました。消防演習は、公演終了後に出てくる観客を狙って、劇場敷地内で不審者が毒ガスを散布するソフトターゲットテロを実行したとの想定で開始しました。陽圧式防護衣を着装した大井化学機動中隊が傷病者を救出。さらに、はしご車により建物屋上から逃げ遅れを救出し、その後、緊急脱出を行いました。最後に、一日消防署長(劇団四季俳優 山下 啓太さん)がはしご車のバスケットに搭乗し、その指揮により消防隊が一斉放水を行いました。夕暮れにも関らず多くの観客が見守る中、山下一日消防署長へ中川原署長より感謝状が贈呈されると、大きな拍手が起こり、会場は笑顔に包まれました。
 
平成29年
10月14日
(土)
キッズフェスタに併せてはたらく消防の写生会表彰式を実施
 恒例となった子供向け庁舎開放イベント「大井消防署キッズフェスタ」に併せて、はたらく消防の写生会表彰式を実施しました。受賞者37名とその家族等87名が参加し、中川原署長から賞状を受け取る際には思わず笑顔がこぼれる様子も見られ、会場は温かい拍手に包まれました。
 引き続き行われたキッズフェスタでは、受賞者とその家族も参加し、子供たちは元気に初期消火・応急救護訓練や起震車・はしご車搭乗を体験しました。また、職員がバルーンアートをその場で作って配ると、一層子供たちの笑顔がはじけました。職員による消防演技「放火魔人VS消防隊」では、子供たちの大きな声援を背に、消防隊のパフォーマンスにも熱が入り、最後には、「火あそびはしませ〜ん!」と、集まった200人以上の可愛らしい声が響き渡り、親子共々、笑顔に包まれました。
 
平成29年
9月10日
(日)
大井・大森夢フェアで地域と消防の夢のコラボレーション
 大森ベルポートで開催された「第18回大井・大森夢フェア」において、地域と数々のコラボレーションを実現させました。地域の小学生合唱隊と当庁音楽隊のコラボ演奏が行われると、会場は温かい拍手に包まれました。救急業務協力者表彰式に引き続き行われた、AED取扱いデモンストレーションでは、地元ケーブルテレビのマスコット、シナガワンとキュータが力を合わせて傷病者の救護を演じました。パレードでは、救急医療週間の横断幕を掲げた大井消防少年団員を先頭に、華やかなカラーガーズ隊の演技と軽快な音楽隊の演奏が沿道の人々を魅了し、消防少年団の元気な声が響き、地元バスケットボールチームのチアリーダーが華を添え、大井消防団可搬ポンプ積載車、救急者及びポンプ車の勇壮な車列が続きました。フェアを通じて街は消防一色となり、地域と消防の絆がより強まったことが実感できました。
 

平成29年
8月19・20日
大井どんたく夏まつりで消防広報を実施
 大井どんたく夏まつりにおいて、火気指導、消防警戒と併せて消防車体験乗車、ミニ防火衣着装、消防相談コーナーを設置し消防広報を実施しました。大勢の人々が訪れる中、子供達に大人気だったのがミニ防火衣着装です。ミニ防火衣姿で消防車の運転席に座るお子さんと、それを写真に収める親御さんの笑顔あふれる姿が数多く見られました。この触れ合いを通じて、区民の防火防災に対する意識や消防行政に対する理解と親しみの向上も大いに図ることができました。。
 
平成29年
7月7日
(金)
七夕の日に自衛消防隊が熱き戦い!
 大井ふ頭中央海浜公園陸上競技場で、自衛消防技術発表会を開催し、管内18事業所から合計22隊が参加しました。参加全隊は、多忙な業務の合間を縫って、連日の炎天下に負けず事前訓練に励み、豪雨の日であっても、事前訓練を欠かすことのない気合のあふれる取り組みをしてくれました。発表会当日は、全隊が真摯に取り組んできた訓練成果をいかんなく発揮し、甲乙つけがたい実力伯仲に、審査員は大いに悩まされました。全ての部門で気合に満ちた力強い掛け声が響き渡り、1、2点の僅差を争う戦いの結果発表時には、歓喜と落胆の声が広大な競技場内に響き渡り、感極まって涙する隊員の頬には、天の川が流れていました。
 

2号の部消火器放水 1号女子の部自火報鳴動
平成29年
4月1日
(土)
さくらフェア東芝2017で消防広報を実施
 東芝病院で開催された「さくらフェア東芝2017」において、消防車体験乗車、ミニ防火衣着装、消防相談コーナーを設置し消防広報を実施しました。今年で6回目の開催となったこのフェアでは、ようやくほころび始めた桜のもと、大勢の家族連れが訪れ、ミニ防火衣を着装したり、キュータ塗り絵を夢中になって塗る子どもたちの姿が見られました。
キュータ塗り絵 病院看護師及び当署救急資格者で対応したAED体験コーナー
平成29年
3月7日
(火)
大井東口商店街で自衛消防訓練と火気指導を実施
 大井東口商店街振興組合の方々を対象に自衛消防訓練と火気指導を実施しました。
 自衛消防訓練では、商店街の路地裏で火災が発生したとの想定で、振興組合に加盟する店主たちが協力して訓練を行いました。火災に気づいた店主が手近にあった鍋をお玉で打ち鳴らしながら周りに火災を知らせ、それに呼応した店主たちが消火器や水バケツを持ち寄り消火しました。店主たちは実火災さながらの真剣さで取り組んでいました。
 その後実施された火気指導でも、店舗の火気設備の使用状況について指導する消防職員の言葉に、真剣に耳を傾けており、火災予防にかける店主たちの強い意気込みを感じました。
鍋を打ち鳴らし火災を知らせる 消火器で一斉に消火
平成29年
3月5日
(日)
しながわ水族館とのコラボ水槽で火災予防をPR
 春の火災予防運動に伴い、しながわ水族館において「しな水de火災予防」を開催しました。品川の海岸地域をジオラマと生物により再現している「品川と海」の水槽内に、ミニチュア消防部隊が出現し火災予防をPRしました。水中には東京湾に生息するクロダイやウツボが泳ぎ、陸上には消防車、上空には消防ヘリコプターが展開する様子に、子ども達は歓声をあげていました。

屋外広報ブース 消防車に乗って記念撮影 

コラボ水槽に消防部隊が出現
平成29年
3月1日
(水)
JR大井町駅前で火災予防をPR
 春の火災予防運動に伴い、JR大井町駅前ペデストリアンデッキにおいて広報活動を行いました。大井化学機動中隊を擁する当署の特色を生かし、陽圧防護衣をはじめ、特別消火中隊、ポンプ隊及びはしご隊の防火衣、予防服、執務服に至るまで、赤、黒、黄色、オレンジ、藍色、青色と、色とりどりのユニフォームに身を包んだ消防職員が、駅前を行き交う人々にチラシを配布しました。
駅前でチラシを配布 陽圧防護衣に驚く子ども
 平成29年1月27日
(金)
文化財防火デー消防演習 
  養玉院如来寺(品川区西大井五丁目22番25号)において文化財防火デーに伴う消防演習を行いました。本堂から火災が発生したとの想定で、寺院職員による初期消火、通報、避難、文化財の搬出の後、消防隊と消防団、災害時支援ボランティアが連携して活動しました。住職の合図で一斉放水が行われると、近隣の幼稚園・保育園・小学校から見学に来ていた子供たちから歓声が上がりました。
 寺社職員の初期消火 一斉放水 
 平成29年1月15日
(日)
女性シンガーソングライターが一日消防団長 
  大井消防団では、「Tokyo消防団の日」の1月15日、JR大井町駅東口ペデストリアンデッキにおいて、シンガーソングライターのkaho*さんに一日消防団長を委嘱し、大井消防団員とkaho*さんによる団員募集活動を行いました。
 シンガーソングライターkaho* 駅前でリーフレット配布 

↑このページのトップへ戻る