このページの本文へ移動
東京消防庁西東京消防署皆様とともに>西東京市消防団

西東京市消防団

更新日:平成30年6月15日

組織

西東京市内には西東京市消防団が組織されており、12個分団で災害に備えています。普段は生業を持つ消防団員の皆さんですが、火災や水災の際には、その地域を受け持っている分団が出場し、消防隊と連携して活動を行います。
なお、西東京市の消防団は、団長を中心に地域の防災リーダーとして、実災害での活躍はもちろん、平常時には市民の皆さんに、防火防災の知識や行動力の普及指導など多種多様な防火防災活動を行っていきます。
※平成26年度より、西東京市消防団初の女性消防団員が誕生しました!

西東京市消防団
■団長佐藤満雄
■副団長柏木勝/原智仁/保谷和治
所属 人数
団本部 7人
第1分団 19人
第2分団 18人
第3分団 20人
第4分団 20人
第5分団 18人
第6分団 15人
第7分団 19人
第8分団 17人
第9分団 20人
第10分団 16人
第11分団 19人
第12分団 15人
合計 223人

平成30年4月1日現在

平成29年度中の活動予定

行事
4月 全体教育訓練
消防写生会
5月 消防写生会
合同総合水防訓練
6月 幹部団員管外視察研修
7月 夏まつり警戒
8月 夏まつり警戒
9月 秋まつり警戒
北多摩地区消防大会
10月 田無神社例大祭等秋まつり警戒
東京都消防操法大会
西東京市総合防災訓練
11月 秋の火災予防運動
西東京市民まつり(警戒)
震災消防訓練
12月 全体教育訓練
歳末特別警戒
1月 出初式
どんど焼き
文化財防火デーに伴う消防演習
2月 分団連携活動訓練
3月 春の火災予防運動に伴う消防演習

※その他、地域の行事、自治会等の防災訓練に参加予定です。

活動記録

分団連携活動訓練を実施しました

平成30年3月11日(日)、当署において、西東京市消防団分団連携活動訓練が行われました。
訓練では、消防団本部を核とした組織的な消防活動の習得を目的に、各分団が連携し、早期に包囲隊形を確立するとともに、放水技術の練磨に励みました。

平成30年西東京市消防団出初式

平成30年1月14日(日)、都立東伏見公園(東伏見一丁目)において平成30年西東京市消防団出初式が行われました。
ポンプ車の分列行進をはじめ、各分団長の指揮の下、訓練を重ねたポンプ車操法などが披露され、フィナーレの一斉放水演技では見学者から大きな歓声が上がりました。消防団の日頃の訓練成果を披露する、年に一度の晴れ舞台としてふさわしい出初式となりました。

第12回西東京市消防団ポンプ車操法大会

平成29年10月8日(日)、都立東伏見公園(東伏見一丁目)において、第12回西東京市消防団ポンプ車操法大会が行われました。
大会は西東京市の12個の分団が日頃の訓練成果を発揮し、優勝第1分団、準優勝第3分団、第3位第9分団という結果となりました。

分団連携活動訓練を実施

平成29年2月26日(日)、当署の訓練棟において、西東京市消防団分団連携活動訓練が行われました。
訓練は、「2階建ての住宅から出火し、5階建てビルに延焼、逃げ遅れがある模様」という想定で行われ、団員は放水活動や要救助者の搬送のみならず、現場の指揮運営など連携した活動を展開しました。
   

↑このページのトップへ戻る