このページの本文へ移動
東京消防庁池袋消防署インフォメーション

インフォメーション

News -ニュース-

 たばこポイ捨て、火事のもと!

 池袋消防署員が9月11日(火)、池袋駅西口にて実施された豊島区主催の路上喫煙・ポイ捨て防止キャンペーンに参加しました。
 池袋駅周辺は外国人も多いことから、3か国語でたばこのポイ捨て防止を訴える内容のティッシュを配布して火災予防を呼びかけるとともに、路上喫煙防止の広報活動にも取り組みました。
 環境保全だけでなく、火災予防の観点からもポイ捨て防止の呼びかけができたことや、行政及び地元の事業所とともに活動できたことで、大変有意義な広報活動となりました。
 池袋消防署は、今後も地域に根ざした活動を通じて、池袋の街の安全・安心を守っていきます。

 
   

 東京2020大会に向けて  池袋警察と合同テロ訓練を実施!

 9月10日、東京芸術劇場で東京2020大会を控え、池袋警察署、池袋消防署が一体となって「共に守ろう!池袋の街」を合言葉に合同テロ訓練を実施しました。
 東京芸術劇場コンサート会場おいて、豊島区テロ阻止決起大会を開催中、拳銃を所持したテロ容疑者2人組が1階ロビーに侵入し、一般人に拳銃を発砲し立てこもりましたが、警察銃器対策部隊及び警察犬により容疑者を検挙しました。
 その後、救急隊が出血多量の傷病者をターニケットによる応急措置等を行いながら、警察と連携し救急車に収容、医療機関に搬送して警察機関と協力関係の強化を図りました。

   

 池袋消防署1階ロビーに誰でもできる応急救護コーナーを設置しています!

 平成30年9月9日(日)から9月15日(土)は救急医療週間です。
 その期間中に、気軽に誰でも体験できる応急救護コーナーを池袋消防署1階に設置しました。
 この機会に、心臓マッサージやAEDを体験してみませんか?
 希望される方は、池袋消防署の受付までお声掛け下さい。指導員が親切丁寧に対応致します。

 

 池袋防災館で防火管理者講習(臨時)を実施します!

1 乙種防火管理者講習(1日)
  日時 平成30年10月16日(火) 午前9時20分から午後5時00分まで(受付開始8時40分)

           乙種防火管理者講習の案内はこちらです!

2 防火・防災管理者新規講習(2日間)
  日時 平成30年11月20日(火)及び平成30年11月21日(水)
      2日間とも、午前9時20分から午後5時00分まで(受付開始8時40分)

           防火・防災管理者新規講習の案内はこちらです!

           防火管理者講習申請書(共通)はこちらです!

 救急業務協力者に対する消防署長感謝状贈呈式を実施しました!

     「助けていただき本当にありがとうございました」
― 救急業務協力者に対する消防署長感謝状贈呈式に傷病者家族も同席―
 平成30年7月30日、池袋消防署では救急業務協力者(バイスタンダー)に対する消防署長感謝状贈呈式を行いました。
 この事案は、平成30年6月22日11時40分ごろ、池袋駅地下通路にて男性が突然倒れ、心肺停止状態に陥っていたところを、通りかかった医師が発見し容態観察と胸骨圧迫を開始、付近の方に非常事態を伝達して、この知らせを受けた東武百貨店、東武セキュリティー株式会社の従業員複数名が119番通報とAEDの搬送や装着、さらには多くの通行人で混乱する救急現場を整理誘導するなど多くの善意と勇気ある人たちの救命の連鎖により、救急隊到着前に傷病者の呼吸、脈拍が回復したものです。
 また、この贈呈式には当該事案に関与した救急業務協力者5名のほか、「どうしても直接会ってお礼を述べたい。」とのご意向から傷病者の御家族2名も出席されました。
 傷病者のご家族は「助けていただき本当にありがとうございました。皆さんのおかげで現在は自力歩行するまで回復しています。」と涙ながらに感謝の言葉を伝えるなど、出席した全員が改めて命の尊さと手を差し伸べる勇気の必要性を実感していました。
 池袋消防署長からの感謝状を受け取った方からは「本日、ご家族の方からご本人が順調に回復されているとのお話をお伺いしホッとしました。あの時は必死で無我夢中でしたが安心しました。これからも困っている方がいたら、勇気を出してお手伝いしていきたいと思います」との言葉が聞かれました。

「そばにいる あなたが 最初の救急隊」 
   
   

 繁華街における避難経路の一斉立入検査を実施しました!

 平成30年7月5日(木)、池袋駅西口繁華街地域の飲食店や風俗店等が入居する雑居ビルの避難経路にあたる階段や通路、防火戸の維持管理状況の確認に重点を置いた一斉立入検査を、消防職員28名と豊島区役所及び池袋警察署の協力を得て実施しました。
 繁華街を抱える当署では、大惨事につながる火災を起こさないために定期的に避難経路の確認に重点を置いた一斉立入検査を実施しています。立入検査では、避難経路に避難の支障となる物件を置いていた店舗に対し、直ちに除去するよう是正指導を行い、即時の除去に従わない店舗に対して2件の命令を発令する等毅然とした是正指導を実施した結果、計16件の違反が改修されました。
 夏季繁忙期を控え、観光客等が多数来訪されることが予想されることから、池袋消防署では引き続き、建物における安全・安心を図ってまいります。

   



↑このページのトップへ戻る

↑このページのトップへ戻る