このページの本文へ移動
東京消防庁光が丘消防署お知らせ>日常生活の事故にご注意!>エアゾール缶、スプレー缶等による火災や事故を無くしましょう!

日常生活の事故にご注意!!

エアゾール缶、スプレー缶等による

火災や事故を無くしましょう!!

 
〜取扱いや廃棄方法に要注意〜


          エアゾール缶、スプレー缶等により、火災が発生することがあります。
          注意が必要なものは、次のとおりで日常生活に数多く存在しています。


     ・カセットボンベ      ・制汗スプレー    ・殺虫スプレー   ・ヘアスプレー

     ・パーツクリーナー    ・防水スプレー    ・冷却スプレー    ・その他




                       

こんなことで火災に!?       


火災事例@   燃料ボンベの装着不良により火災が発生!

     ボンベを装着する際、切り込み部分を容器受けガイドの突起部分に正しく合わせて取り付けなかったため、
     接続部分からガスが漏れ、点火した時の火花で引火しました。

正しい装着

正しい装着

燃料ボンベの切り込みと本体容器受けガイドの

切込みがあっている。
誤った装着の例

誤った装着の例

燃料ボンベの切り込みと本体容器受けガイドの

切込みがあっていない。


火災事例A   スプレー缶の穴あけ後に火災が発生!

     台所のシンク内で不要になったスプレー缶3本を廃棄するために穴を開けた後、
     食事の準備のためガスコンロを点火した際に、
     シンク内に滞留していた可燃性ガスに引火し、出火しました。

        被害状況   レンジフードフィルター焼損

     焼損したレンジフードフィルター


火災事例B     暖房器具・暖房器具を使用中に、
              スプレー缶が破裂して
火災が発生!


     居住者がガステーブルのこんろ上にカセットこんろを置いたままグリルで魚を焼いたため
     グリル排気口からの熱によりカセットコンロのボンベが加熱され内圧が高まって破裂し、
     噴出したLPGガスがグリルの炎により引火し出火しました。

 


火災を防ぐために

@  カセットコンロを使うときは、取扱説明書をよく読み、燃料ボンベを正しく取付けましょう。

A  スプレー缶等はガステーブルや暖房器具の上やそばなど高温になる場所には置かないようにしましょう。

B  スプレー缶などを廃棄する場合は中身を使い切りましょう。

 



捨てる時は!!

練馬区は『穴あけ』をする必要、ありません !
スプレー缶等は使い切ってから、他の不燃物とは分けて、別袋で出してください。

どうしても、使いきれない場合は、練馬区の清掃事務所までお問合せください。

   参考 ゴミの分別について(練馬区ホームページ)

 

 もしも間違った取扱いをすると...........

      実験映像はこちらから 

 



ほかには、どんな事故があるんだろう?

そのほか、「日常生活ではどんな事故が起きているの?」「事故の傾向を知っていれば・・・」

もっと詳しく見てみたい方は、こちらも併せてご覧ください。 


↑このページのトップへ戻る