このページの本文へ移動
東京消防庁光が丘消防署>光が丘ニュース

光が丘ニュース

高齢者の疑似体験を実施

 光が丘消防署では、署員を対象に「高齢者疑似体験セット」を使った高齢者の疑似体験を行いました。
 手足に重りを着け、視野が狭くなるゴーグルをかけた状態で、高齢の来庁者の身になって実際に庁舎内を歩きました。
 体験した職員からは、「前がよく見えない」、「階段の昇り降りが難しい」といった声があがり、多くの方に不自由なく庁舎を利用していただくために、どのようなサポートが必要かを考える良い機会となりました。
 当署では今回の体験をもとに、地域の皆様の安全・安心をより一層推進して参ります。

平成29年5月23日
  

     光が丘ニュース一覧

↑このページのトップへ戻る