このページの本文へ移動
東京消防庁東京消防庁の紹介消防学校>訓練施設

FIRE ACADEMY 消防学校

訓練施設

訓練施設全景

概要

延面積 3,607.26平方メートル
構造・階層
  • ① 主訓練塔  SRC 8/2
  • ② 補助訓練塔 SRC 5/2
  • ③ 救助訓練塔 SRC 5/0
  • ④ 濃煙熱気棟  RC 2/0
  • ⑤ 街区棟1   RC 2/0
  • ⑥ 街区棟2   RC 3/0

主な特色

中・高層火災、地下(街)火災及び街区火災、危険物などの特殊災害、さらに救助事象などに対応できる各種訓練塔、訓練場により構成した実践的訓練施設です。
 なお、本訓練施設は、第三消防方面訓練場として位置づけられています。

模擬消火訓練装置

模擬消火訓練装置
 訓練塔の地下1階、2階、7階階及び濃煙熱気棟の1階、2階に、模擬消火訓練装置(AFT)を設置しています。
 この装置は火災や煙を発生させ、実際の火災現場と同じような状況下で、訓練者が熱や煙の実体験を通じた訓練が出来ます。
フラッシュオーバー
フラッシュオーバー
温度表示器
温度表示器

はしご車訓練用鉄塔

はしご車訓練用鉄塔

訓練塔の屋上には、はしご車訓練用の鉄塔(地上高43m)を設置し、高層建物火災の訓練ができます。
 また、架てい障害を作り出せる架線設備を設けています。

 

救助訓練塔

救助訓練塔

高所における救助訓練用施設で、東側壁面には、目盛り板、訓練者確保用窓、アルミ製訓練用はしごを設置し、ロープ登はん、ロープ応用登はん及びはしご登はんの訓練ができます。

地下鉄訓練室

地下鉄訓練室

訓練塔の地下では、救助事象をはじめ、地下鉄火災や地下街などの火災を想定した訓練ができます。

 

渡過訓練施設

渡過訓練施設

主訓練塔と補助訓練塔の間に、ロープ渡過の訓練施設を設置しています。訓練時には、安全ネットを展張し、安全を確保します。