このページの本文へ移動
東京消防庁神田消防署お知らせ・消防だより

お知らせ・消防だより

平成27年6月7日から13日は、危険物安全週間です!

危険物安全週間

私たちの身の回りには、ガソリン、灯油、軽油等の危険物を含む製品がたくさんあります。

危険物を含有したスプレー缶、アロマオイルや消毒用アルコール、ネイル用品などは、私たちの生活には欠かせないものとなっています。しかし、その危険性を意識せずに使用したことによる火災が毎年発生しています。こうしたことから、職場や家庭内においては、危険物に該当する製品の取り扱い上の注意事項をよく読むなど、身の回りにある危険物の性状及び正しい取り扱いを十分に理解し、危険物に関する事故を未然に防ぎましょう!

危険物安全週間にともなう行事はコチラ


帰宅困難者対策はお済みでしょうか?

キュータ

東日本大震災の教訓を踏まえ「東京都帰宅困難者対策条例」が平成25年4月1日に施行されました。

防火管理者及び防災管理者の選任が必要となる事業所の皆様には消防計画に「帰宅困難者対策」を作成し、届け出ることが必要となっております。

詳しくはこちら>>消防計画に追加する事業所防災計画(帰宅困難者対策の追加部分)作成例をご覧ください。

消防計画が未提出の場合、すでに提出された消防計画に変更がある場合、控えをなくされた場合には「帰宅困難者対策」を含めた消防計画を改めてご提出下さい。

消防計画の作成はこちら(申請様式一覧)消防計画の届出をご参考に作成してください。


防火・防災管理再講習の受講期限を確認しましょう!!

防火・防災管理再講習

平成26年度から、防火・防災管理再講習が開始されています。

今年度末までに、再講習を受講する必要がある防火・防災管理者に対しては、その旨を記載したお知らせを東京消防庁消防技術試験講習場から送付いたします。

また、すでに再講習の受講期限が過ぎている防火・防災管理者に対しては、その旨を記載したお知らせを神田消防署から送付いたします。

お知らせの発送は、平成27年6月末を予定しています。年度末などは混雑が予想されますので、計画的な受講をお願いいたします。

東京消防庁関係ページ:「再講習の受講期限について」


消防署を騙る不審電話に注意!

平成26年11月頃から、都内各地で消防職員を騙る人物からの不審な電話が頻発しています。
特に、一人暮らしの高齢者を狙っていると思われますので、十分に注意して下さい!!

消防職員を騙る人物からの電話内容とは・・・?

「私、消防署の者ですけど、一人暮らしですか?
防災グッズを送りますよ。住所と電話番号を教えてください」

消防署はこのような電話はしません!!皆様ご注意を!!

東京消防庁関係ページ:「悪質販売等について」

飲酒後のホームからの転落にご注意!

神田消防署火災予防キャラクター

最近、歩きながらのスマートフォンや飲酒に起因したホームからの転落事故が多く発生しています。

神田消防署管内には、鉄道各社の駅が15あり、特に飲酒に起因した転落事故が多く、救助隊や救急隊が出場した事案が一昨年は37件、昨年は34件発生しています。(平成26年12月末現在)

そこで、管内の主要な駅等と連携し、スマートホンの使用や飲酒に起因したホームからの転落事故を防ぐため、広報用のポスターを掲示することにより、事故の防止をよびかけています。

転落事故は、大惨事につながるものが多いため、特に飲酒後の電車利用時には十分注意して下さい。

「飲酒による転落事故の注意事項」

月別、曜日別の件数 PDFになっております。ご了承ください。(平成26年12月末現在)8月末は0件


統括防火管理者の選任届が必要になりました

この度、消防法が改正され、平成26年4月1日までに統括防火管理者・統括防災管理者の選任届が義務化され、業務役割が明確化されました。

詳しくは、東京消防庁ホームページの<防火管理の基礎知識><消防法令の改正について>に記載されています。こちらをクリックすると、ページにジャンプします。

防火管理技能者制度が改正されました

防火管理技能者制度が改正されました PDFファイルになっております。ご注意ください。

住宅用火災警報器の悪質な訪問販売等に注意!

住宅用火災警報器の義務化に便乗して、ご家庭へ訪問して高額な代金を請求する悪質販売が発生しています!

12月17日午後1時頃、中央区内において、住宅用火災警報器にまつわる悪質な訪問販売行為がありました。

今回の事例) 警報機取り付け登録料の名目で金銭を要求
どこの誰とは名乗らない人が来て、
「60歳以上の高齢者全員に報知機を取り付けます。その登録料が23,000円必要です」
と言われた。
その口ぶりが区の職員のようだったため、その場で支払いをした。
その後何の連絡もなく、機器の設置もなく、
何の登録かもわからないのでおかしいと思い区役所に連絡した。
  1. 住宅用火災警報器は高価なものではありません!
    住宅用火災警報器は、家電量販店やホームセンター、
    電気器具販売店や防災設備取扱店で、
    一個3,000〜10,000円程度で販売されており、自分で取り付けることができます。
    また、ガス事業者が取り扱っているガス警報器との複合型のものでも
    一個約14,000円程度です。

  2. 消防職員や区の職員は住宅用火災警報器の訪問販売を行いません!
    消防職員や区の職員が住宅用火災警報器の訪問販売を行うことはありませんし、
    取り付けをまとめて代行するようなことは行いません。
    また、住宅用火災警報器の取り付けに登録等の必要はありません。
    消火器や家具類の転倒・落下・移動防止器具等の
    住宅用防災器具についても同様です!

  3. 悪質な業者と契約してしまっても諦めてはいけません!
    仮に契約や購入、金銭の受け渡しをする場合は、
    その後も連絡が取れるよう相手の連絡先を確認し、
    必ず契約書、納品書及び領収書を保管してください。
    状況によってはクーリング・オフ制度を活用して
    契約の解除等を行える場合がありますので、
    消費生活センターへご相談ください。

はたらく消防写生会

第64回はたらく消防写生会


↑このページのトップへ戻る