東京消防庁安心・安全防災トピックス> 家具類の転倒・落下・移動防止対策

地震から命を守る家具転対策

近年発生した地震被害では負傷者の3〜5割の方々が屋内における家具類の転倒・落下によって負傷していることが判明しました。 さらに、平成23年3月の東日本大震災を受け実施した調査では、家具類の転倒・落下に加えて、家具類の移動が多く確認されました。 家具類の移動は高い階層になるほど、多く発生する傾向があります。

ご自分やご家族の負傷を防止し、避難障害の発生を防ぐためには、家具類の転倒等防止対策が非常に大切です。

ハンドブックや講習ビデオをご覧になり、ご自宅の対策を適切に行ってください。

家具類の転倒・落下防止対策講習

家具類の転倒・落下防止講習ビデオ


東京消防庁と東京都が連携して放映しました!
15秒

JR中央線及び京葉線車内において、家具類の転倒・落下・移動防止対策について東京都と連携し啓発映像を放映しました。