このページの本文へ移動
東京消防庁 > 安心・安全 > 防災トピックス >東北地方太平洋沖地震時の室内被害再現映像

長周期地震動等に対する高層階の室内安全対策専門委員会結果報告書

平成23年3月11日に発生した東日本大震災では、地震被害に加え津波や原子力災害などによる複合災害により甚大な被害が発生し、多くの尊い人命が失われるとともに、東京をはじめとした都市部において、長周期地震動対策などの課題が改めて浮き彫りになりました。

また、首都東京では、土地の高度利用に伴い高層建築物の急速な増加が続いており、近い将来に発生するとされる東海・東南海・南海地震などの巨大地震では、高層建物において長周期地震動による多大な室内被害の発生が危惧されています。

このため、東京消防庁では「長周期地震動等に対する高層階の室内安全対策専門委員会」を設置し、長周期地震動を踏まえた高層階における地震への備えと地震時の安全行動について検討を行いました。

報告書はこちら


東北地方太平洋沖地震時の室内被害再現映像

1 東北地方太平洋沖地震時の仙台市における室内被害再現映像

 

2 東北地方太平洋沖地震時の東京都内における高層階の室内被害再現映像