このページの本文へ移動
東京消防庁 > 組織・施設 > 東京の消防 > 救急
東京の消防
サイトマップ sitemap
インフォメーション info
消防年間カレンダー calendar

救急 Emergency Medical Services

火災 Firefighting

高齢化や疾病構造の変化などに対応し、迅速・高度な救急サービスを提供するため、すべての救急隊に救急救命士を配置し、救急救命士をはじめとする全隊員が適切な応急処置を行いながら、一刻も早く病院に搬送するため全力を尽くします。

災害救急情報センターには救急隊指導医が常駐し、現場の救急隊に指示・助言を行うなど、傷病者の状態に即した救命処置の実施を図っています。そして、より早期に救命処置ができるよう、ポンプ隊にもAED(自動体外式除細動器)を配置し、ポンプ隊と救急隊が連携する効果的な救出・救護活動(PA連携)を行っています。

また、「災害医療派遣チーム(東京DMAT)」と連携し、災害現場から医療を開始できる体制を整備しています。

さらに、平成28年6月には救急機動部隊が発足し、現場までの到着時間を短縮する取り組みを、新たに開始しています。

With a growing number of senior citizens and people with lifestyle-related diseases, paramedics skilled in advanced life support care are assigned to all ambulance units. All EMS crew including paramedics do their best to treat patients while transporting them to the hospital as soon as possible.

At the Command and Control Center, doctors work in a shift (with one doctor stationed there all the time) to give medical advice to on-scene EMS crew. To reach patients quickly , a pump unit with AED responds in coordination with an EMS unit. At large disaster scenes, EMS units work with the Tokyo Disaster Medical Assistance Team (Tokyo DMAT).

The needs for ambulance services vary according to the time and season. The Mobility Ambulance Unit regularly changes its location to m eet those needs of the public quickly.

活動中の救急隊員 EMS members at a disaster scene
活動中の救急隊員
EMS members at a disaster scene
救急機動部隊 Mobility Ambulance Unit
救急機動部隊
Mobility Ambulance Unit
東京DMATとの連携 Working with the Tokyo DMAT
東京DMATとの連携
Working with the Tokyo DMAT

[ 救急救命士による処置範囲の拡大 ]
- Expansion of Scope of Practice for Paramedics -

【平成3年】
@AEDによる除細動
A静脈路確保のための輸液
B所定の器具を用いた気道確保
【平成16年】
気管挿管
【平成18年】
薬剤(アドレナリン)の投与
【平成21年】
エピペンの投与 ※
【平成26年】
@静脈路確保及び輸液 ※
Aブドウ糖溶液の投与 ※
【1991】
@ Defibrillation with AED
A IV lifeline and fluid administration
B Airway maintenance with equipment
【2004】
Endotracheal intubation
【2006】
Adrenalin administration
【2009】
Use of EpiPen ※
【2014】
@ IV and transfusion ※
A Injection of glucose solution ※

※ 心肺機能停止前の傷病者に行う処置
※ Treatment given to patients to prevent cardiopulmonary arrest

[救急機動部隊]
Mobility Ambulance Unit

季節や時間帯によって変化する救急需要に応じて待機場所を変更し、素早く救急需要に対応する部隊

The needs for ambulance services vary according to the time and season. The Mobility Ambulance Unit regularly changes its location to meet those needs of the public quickly.

救急活動状況(平成27年中)
Ambulance Runs by Incident in 2015

救急活動状況(平成27年中) Ambulance Runs by Incident in 2015

程度別搬送状況(平成27年中)
Patients by Condition in 2015

程度別搬送状況(平成27年中) Patients by Condition in 2015

応急手当の普及・指導 First-Aid Education and Training

傷病者の救命効果を高めるためには、事故現場に居合わせた人(バイスタンダー)による応急手当が極めて重要です。

東京消防庁では、都民及び事業所等の応急手当普及員、公益財団法人東京防災救急協会と連携し、都民のみなさまを対象とした応急手当の講習会を開催しています。インターネットを活用した応急手当学習ツール(電子学習室)、公益財団法人東京防災救急協会が作成した視聴覚障害者用教材の活用など、より多くの都民のみなさまに受講していただけるよう取組んでいます。

また、小学校高学年に対する90分の救命入門コースや、中学・高校の授業において「命の尊さ」や「助け合う気持ちの大切さ」を伝えながら応急手当講習を実施し、幅広い年齢層にわたるバイスタンダーの育成に努めています。

Bystander-initiated first aid is crucial to save a great number of accident victims.

The TFD, in cooperation with the Tokyo Disaster Prevention & Emergency Medical Service Association(TDEA : a public interest incorporated foundation), holds training courses in fire stations, communities and workplaces, supported by certified instructors of the public.

For wider sectors of the society, the TFD offers a first-aid self-learning program on the Internet and uses the materials developed by the TDEA for people with visual and hearing impairment.

The 90-minute basic life saving course for higher class elementary ary school children and in high schools, the TFD holds first-aid classes, emphasizing the value of life and the importance of helping each other.

[ 平成27年中の救命講習等の実施状況 ]
- First-Aid Training Courses Given in 2015 -

各講習の受講人員 Number of Participants

  受講人員 Trainees
応急救護講習
Elective First Aid Course
459,593人
普通救命講習
Standard First Aid Course
192,015人
上級救命講習
Advanced First Aid Course
49,416人
その他の講習※
Other Courses
5,614人
合 計
Total
706,638人
講習の様子

※その他の講習: 応急手当指導員、応急手当普及員、現場派遣員及び患者等搬送乗務員講習

Other Courses: First Aid Instructor's Course, Alarm Responder's Course, Private Non-emergency Ambulance Attendant's Course

東京消防庁救急相談センター Emergency Telephone Consultation Center in the Tokyo Fire Department

消防に関する世論調査の結果では、救急車の要請理由として、「軽症か重症かの判断がつかなかった」「どこの病院に行けばよいかわからなかった」など、判断に迷う場合が見受けられます。このため、東京消防庁では、平成19 年6 月1 日から東京消防庁救急相談センターを設置し、「病院へ行ったほうがいいのかな?」「救急車を呼んだほうがいいのかな?」などの相談に、相談医療チーム(医師、看護師、救急隊経験者等の職員)が、24時間年中無休で対応しています。

また、東京消防庁救急相談センターは、救急医学に関する専門医、東京都医師会、東京都福祉保健局及び東京消防庁とが連携して運営し、救急相談業務の医学的な「質」の確保と「円滑な運営」の確保を図っています。

The TFD's poll indicates some people request ambulances because they do not know if their illness/injury is minor or serious, or if they should go to the hospital. In response, the Emergency Telephone Consultation Center was set up in the Tokyo Fire Department on June 1, 2007, where nurses and former EMT's respond to inquiries on the phone, getting advice from the doctors stationed on a 24-hour basis. The Center is managed jointly by EMS doctors, the Tokyo Medical Association, and the Bureau of Social Welfare and Public Health of Tokyo so that the quality of their medical advice and the Center's smooth management are ensured.

救急相談センター業務内容(平成19年6月1日運用開始)
Emergency Telephone Consultation Center in Tokyo Fire Department

救急相談センター業務内容(平成19年6月1日運用開始) Emergency Telephone Consultation Center in Tokyo Fire Department