このページの本文へ移動

消防博物館 東京消防庁 消防防火資料センター

消防博物館だより

最新号はこちら

☆ 防災週間、救急医療週間ミニ展示

開催期間 平成30年8月31日(金)〜9月17日(月・敬老の日)
場所 1階展示室
内容 大正12年9月1日は、関東大震災が発生した日です。毎年「防災の日」とし、この日を中心とする「防災週間」には、全国的に防災に関する様々な行事が開催され、防火防災訓練などが行われます。また、救急業務及び救急医療に対する理解と認識を深め、意識の高揚を図るため、毎年9月9日を「救急の日」、この日を含む一週間を「救急医療週間」と定め、様々な取り組みが実施されます。消防博物館では防災週間及び救急医療週間のポスターとともに、各種対策等について紹介します。


☆ 消防自動車乗車撮影会

日時 平成30年9月17日(月・敬老の日)
第1回 午前10時00分〜11時30分
第2回 午後 2時00分〜 3時30分
場所 地下1階展示室
内容 デジタルカメラで撮影して、その場でポストカードにしてプレゼントします。
今回は「トヨタ救急車」です。

画像:トヨタ救急車


☆ 親子防災体験

期間 平成30年7月1日(日)〜9月30日(日)
場所 消防博物館、全館
内容 小学生を対象として、学校から配布された防災ノートを持参のうえ保護者等と来館し、親子で防災に関する知識を身につけてもらいます。
詳細は、東京都教育庁(TEL03−5320−6836)におたずね下さい。

☆ 都民の日イベント

日時 平成30年10月1日(月)
場所 消防博物館、全館
内容 「なろうよ!消防士 Old meets New」
時間 @午前10時00分〜午前11時00分(先着20組)
出場から消火までをバーチャル防災学習装置を使って、現代の消防士を体験していただき、達成度に応じた階級認定証を無料でさしあげます。
A午後2時00分〜午後3時00分
実際に明治時代初期に使われていた消火器具、龍吐水を使って放水し、昔の消防士を体験していただきます。

画像:龍吐水


☆ 消防自動車乗車撮影会

日時 平成30年10月8日(月・体育の日)
第1回 午前10時〜11時30分
第2回 午後 2時〜 3時30分
場所 地下1階展示室
内容 デジタルカメラで撮影して、その場でポストカードにしてプレゼントします。
今回は「イベコ・マギルス梯子自動車」です。

画像:イベコ・マギルス梯子自動車


☆ 秋の企画展

「明治150年」-消防の歴史-
開催期間 平成30年10月27日(土)〜11月25日(日)
場所 6階展示室エリア
内容 平成30年(2018年)は、明治元年(1868年)から起算して、満150年の年にあたることから、明治時代の消防について、企画展を開催します。
@ 明治時代消防年表 A 消防と警察の関係 B 腕用ポンプ
C 蒸気ポンプ D 明治時代の大火 E 制服

※ 休館日の変更のお知らせ

@ 9月17日(月・敬老の日)は開館し、18日(火)が休館となります。
A 9月24日(月・振替休日)は開館し、25日(火)が休館となります。
B 10月1日(月・都民の日)は開館し、 2日(火)が休館となります。
C 10月8日(月・体育の日)は開館し、 9日(火)が休館となります。


※ 臨時休館のおしらせ

館内整備のため、10月15日(月)〜22日(月)まで、臨時休館いたします。


イベントはすべて無料です。

 
「消防博物館だより」のバックナンバーから
展示資料の紹介がご覧いただけます!
イラスト

ページのトップへ戻る