このページの本文へ移動

消防博物館 東京消防庁 消防防火資料センター

館内のご案内

4階「消防の変遷」ゾーン

明治時代から大正、昭和初期にかけての消防は、装備の近代化によってめざましい発展をとげました。
 「近代消防のはじまり」コーナーでは、現代消防の基礎が築かれた明治時代の組織、消防活動などを、蒸気ポンプ、消防装備品、消火活動の模型、錦絵などで紹介しています。
 「消防の躍進」コーナーでは、消防自動車が全国的に普及した大正時代の消火活動の模型と、消防自動車増強の起因となった関東大震災の実録ビデオ、写真などを展示しています。
 「消防の近代化」コーナーでは、昭和に入って、高層のビル火災など多様化する災害への対応、救急業務の開始、戦時中の消防、戦後の消防、災害を未然に防ぐ近代消防への発展を紹介しています。

「近代消防のはじまり」コーナー

「近代消防のはじまり」コーナー

二輪消防車(通称「赤バイ」)

二輪消防車(通称「赤バイ」)

館内案内マップへ

↑このページのトップへ戻る