消防博物館だより 9月号 FIRE MUSEUM NEWS 2017.09 NO.174

9月のイベント案内

うさぎの餅つき

★くまモンと防災トーク

日時: 平成29年8月29日(火)午後2時00分~2時30分
場所: 地下1階展示室
内容: 夏の特別展「自然災害とその備え」の応援として、熊本県営業部長兼しあわせ部長の「くまモン」が消防博物館に遊びにきてくれます。熊本の復興状況、くまモンと防災クイズなどを通して、防災について親子で考えるきっかけとしてもらえればと思います。
(C)2010熊本県くまモン 協力 銀座熊本館
くまモンイラスト

★ 防災週間、救急医療週間ミニ展示

開催期間: 平成29年8月30日(水)~9月10日(日)
場所: 1階展示室
内容: 大正12年9月1日は、関東大震災が発生した日です。毎年「防災の日」とし、この日を中心とする「防災週間」には、全国的に防災に関する様々な行事が開催され、防火防災訓練などが行われます。また、救急業務及び救急医療に対する理解と認識を深め、意識の高揚を図るため、毎年9月9日を「救急の日」、この日を含む一週間を「救急医療週間」と定め、様々な取り組みが実施されます。消防博物館では防災週間及び救急医療週間のポスターとともに、各種対策等について紹介します。

★ 消防自動車乗車撮影会

日時: 平成29年9月18日(月・敬老の日)
第1回 午前10時00分~11時30分
第2回 午後1時30分~3時30分
場所: 地下1階展示室
内容: デジタルカメラで撮影して、その場でポストカードにしてプレゼントします。
今回は「いすゞ‐メッツ梯子自動車」です。
梯子自動車イメージ図

★ 親子防災体験

期間: 平成29年7月1日(土)~9月30日(土)
場所: 消防博物館、全館
内容: 東京都教育庁から配布された防災ノートを持参のうえ保護者等と来館し、親子で防災に関する知識を身につけることを目的としています。
詳細は、東京都教育委員会のHPをご確認ください。

★ 都民の日イベント

日時: 平成29年10月1日(日)
場所: 消防博物館、全館
内容: (午前の部)
・バックヤードツアー
普段は公開していない消防博物館の裏側や博物館員の仕事を紹介します。
・籠吐水放水体験をしよう
※ 龍吐水とは主に江戸時代から明治時代にかけて使用された消火用具です。
今回は、明治時代に使用されていたもので放水体験
(午後の部)
・バックヤードツアー
・消防博物館の企画展を考えよう
※ グループに分け各グループごとに企画展を考えます。

参加方法等

(1)募集人員

午前の部(小学生)20名程度、午後の部(中高生)15名程度
※ 小学1,2,3年生は保護者同伴

(2)応募方法

電話(03-3353-9119 消防博物館事務局)
「10月1日の都民の日イベントに参加したい」と言って申し込みください。

龍吐水

龍吐水

イベントはすべて無料です。

臨時休館のおしらせ
館内整備のため、10月10日(火)~16日(月)まで、臨時休館いたします。


↑このページのトップへ戻る
東京消防庁消防防災資料センター 消防博物館 【入館料】無料

URL : http://www.tfd.metro.tokyo.jp/ts/museum.html

【場所】 〒160-0004 東京都新宿区四谷3-10
【最寄り駅】東京メトロ丸ノ内線 四谷三丁目駅 ②番出口直結
【開館時間】 午前9時30分~午後5時00分
【休館日】 毎週月曜日(国民の祝日にあたる場合は翌日)、
12月28日~1月4日
右手を広げて微笑むファイヤーくん
【問合せ先】 TEL:03-3353-9119 / Fax:03-3353-9925
Mail:hakubutsukan@tokyo-bousai.or.jp

目次に戻る