消防博物館だより 8月号 FIRE MUSEUM NEWS 2016.08 NO.1628月のイベント案内

★夏の特別展
  地震のふしぎ展
      ―メカニズムを知り、見て、触れて、体験しよう―」

開催期間 平成28年7月26日(火)〜8月31日(水)
※この期間の休館日は8月1日、8日、15日、22日、29日です。
場  所 6階企画展示室
内  容 近年の国内外における大地震を期に、都民の関心が地震について高まっていることから、地震についての知識をわかりやすく学べる内容としました。地震のメカニズムや現象を実験器具やカットモデルによる「ハンズオン展示」で、 小さなお子さんにも実感しながら防災知識を身につけられる工夫を凝らします。

「Q&Aパネル 見て、触れて、体験コーナー」
地震はなぜ起こるの?(プレートパズル展示)
どうしてプレートは動くの?(マントルモデル展示)
プレートといっしょに日本も動いているの?(パンゲアパズル展示)
マグニチュードと震度、どう違うの?
地震に種類はある?(断層・しゅう曲モデル、地震発生説明器モデル展示)
地震のゆれ方にちがいはある?(ゆらゆらモデル展示)
液状化って何?(液状化モデル展示)

「地震パネル」
過去に発生した国内の大地震の被害状況と主な特徴を紹介

「体験コーナー」(AM10時、PM2時から各1時間、係員による指導)
○×クイズ
結索
長周期地震動ゆらゆら制作

「消防工作」
ペーパークラフト

「映像コーナー」
ぼくたちのマイホームワーク
家具転倒落下防止対策

★親子防災体験でホイッスルライトをプレゼント

 消防博物館では、東京都教育委員会が行う親子防災体験に協力しています。
7月から9月までの間、防災ノート(小学校1年生〜3年生版又は小学校4年生〜6年生版)を持参のうえ保護者等と共に防災体験を実施した都内の小学校等に通う児童に対し、防災グッズを配布しています。
 詳しくは東京都教育委員会のHPをご確認ください。
 (http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/press/2016/pr160610.html

★ミュージアムコンサート

開催期間 平成28年7月31日(日)14時00分〜14時40分
会 場 1階エントランス
内 容 東京消防庁音楽隊により、お子様にも親しみのある曲を中心に演奏します。

――お知らせ(次回消防自動車乗車撮影会の予定)――

展示車両に乗り、デジタルカメラで撮影し、ポストカード(特製台紙付き)にしてプレゼントします。

日  時 平成28年9月19日(月)敬老の日
第1回 午前10時〜11時30分
第2回 午後1時30分〜3時30分
場  所 地下1階展示室
対象車両 ベンツ・メッツ梯子車
ベンツ・メッツはしご車

★お知らせ

次回の乗車撮影会は10月10日(月)体育の日 スタッツ消防ポンプ自動車を予定しています。

イベントはすべて無料です。
東京消防庁消防防災資料センター 消防博物館  【入館料】無料

URL : http://www.tfd.metro.tokyo.jp/ts/museum.html

【場所】 〒160-0004 東京都新宿区四谷3-10
【最寄り駅】東京メトロ丸ノ内線 四谷三丁目駅 ②番出口直結
【開館時間】 午前9時30分〜午後5時00分
【休館日】 毎週月曜日(国民の祝日にあたる場合は翌日)、12月28日〜1月4日
【問合せ先】 TEL : 03-3353-9119 / Fax : 03-3353-9925
Mail : hakubutsukan@tokyo-bousai.or.jp
消防博物館

↑このページのトップへ戻る

目次に戻る