このページの本文へ移動
東京消防庁安全・安心情報救急アドバイス東京の救急 > 応急手当の普及指導

応急手当の普及指導

キュータ

応急手当に関する講習

 救命効果を高めるためには、バイスタンダーによって行われる応急手当が極めて大切です。
 このことから、東京消防庁では消防団、災害時支援ボランティア、事業所の応急手当普及員及び公益財団法人東京防災救急協会等と連携し、応急手当の講習会を実施しています。
 また、小学校中・高学年向けに短時間の救命入門コースや、中・高校生を対象とした救命講習、視聴覚障がい者用テキストの活用など、多くの方々に応急手当を学んでいただけるよう努めています。

応急手当に関する講習

講習名・講習時間

 普通救命講習、普通救命(自動体外式除細動器業務従事者)講習、上級救命講習、応急手当普及員講習では、講習修了者に認定証が交付されます。また、他にも救命入門コースや、講習を分割して受講することができます。

応急救護講習 講習時間
救命入門コース(45分) 45分
救命入門コース(90分) 90分
普通救命講習 3時間
普通救命(自動体外式除細動器業務従事者)講習 4時間
上級救命講習 8時間
応急手当普及員講習 24時間

平成29年度東京消防庁救急標語

講習名・講習時間