このページの本文へ移動
東京消防庁安全・安心情報救急アドバイス東京の救急 > 東京消防庁からみなさまへ

東京消防庁からみなさまへ

キュータ

救急車の適正な利用

 救急出場件数が過去最高を記録するなか、平成28年は、救急車が出場してから現場に到着するまでの時間が平均で7分30秒でした。
 今後、さらに出場件数が増加すると救急隊の到着するまでの時間が延びてしまい、救える命が救えなくなる恐れがあります。
 このことから東京消防庁では、真に救急車を必要とする都民の方々へ適切に救急隊が対応できるようマナーを守った救急車の適正利用を呼びかけるとともに、ホームページでの医療機関案内や医療機関への交通手段を紹介する東京民間救急コールセンターの利用促進など、様々な取組を行っています。

救急車の適正な利用

平成28年度救急車適正利用ポスター
(注:ポスター数値は平成27年中データ)