.

このページの本文へ移動
 
東京消防庁>志村消防署>トップページ

 平成28年6月2日 椛セ陽油化における消防演習より

トピックス

消防の訓練を計画・実施される皆様へ、取水制限にともなう節水のご協力について

 平成28年6月16日より、東京都水道局では利根川水系のダムの貯水量の急激な減少に伴い、10%の取水制限が実施されています。
 志村消防署では、東京都水道局から取水制限が解除されるまでの間、水道水を使用しない訓練を推進します。皆様のご理解・ご協力をよろしくお願いします。 

 事業所で訓練(自衛消防訓練)をされる皆様へ
 初期消火訓練を行う場合、消火器の取扱い要領の確認など、放水を行わない訓練をお願いします。
 ご相談等お問合せ先は 予防課防火管理係まで
  町会・自治会で訓練(防災訓練)をされる皆様へ
 模擬消火器、スタンドパイプ、D級可搬消防ポンプなどの訓練は、放水訓練は行わず、機器の取扱い訓練や、ホースの延長訓練などを行いましょう。
 
 ご相談等お問合せ先は 警防課防災安全係まで
   

熱中症に気を付けよう!

 熱中症は予防が大切です。気温などの環境条件だけではなく、人間の体温や暑さに対する慣れなどが影響して起こります。気温がそれほど高くない日でも、湿度が高く風の弱い日や体が暑さに慣れていないときは注意が必要です。
 熱中症の予防のために 
  暑さを避けましょう。
  外出前、時間を決めてなど計画的かつこまめにに水分補給をしましょう。

平成28年度東京消防庁 熱中症予防ポスター
 
 熱中症の兆候を見逃さない
  熱中症の初期症状 
   ・手足のしびれ、めまい、立ちくらみ、気持ちが悪い、大量に汗をかく、など
 熱中症が疑われる人を見かけたら 
  涼しい環境への避難
   ・風通しのよい日陰や、エアコンが効いている室内などに避難させましょう。
  からだを冷やす
   ・衣服をゆるめて風通しを良くし、からだの熱を逃がしましょう。
  水分・塩分の補給
   ・水分や塩分、経口補水液などを補給します。
自力で水が飲めない場合や意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう。

災害状況

平成28年6月26日 現在 昨年同日比
火災 件数 56件 +2
焼損床面積 150m² −451
傷者 8人 −7
死者 1人
救助 件数 240件 +15
救急 出場件数 8,441件 +137
平成27年中 志村消防署管内の災害件数
火災 件数 112件
焼損床面積 1,104m²
傷者 27人
死者 4人
救助 件数 488件
救急 出場件数 17,501件

志村消防署からのお知らせ

自衛消防訓練通知書の電子申請サービスについて

  自衛消防訓練の申請がインターネット上で可能になりました。
  ※ 訓練用資器材の貸出し、職員の派遣要請を伴う申請はできません。 
   (東京都電子申請届出サービスへリンクしています)

お祭りなどの催事における火災予防について

  消防署へ届出が必要な場合があります。詳しくは直接消防署までご相談ください。
   (関係法令のリンクはこちら→●

志村消防署の見学を希望される方へ

 申込書を記入し消防署に持参されるか、FAXまたはメールにて申請してください。

FAXは、申込書内に記載されている、見学を希望する消防署(出張所)に直接送付してください。

メールの案内はページ最下部に表示しています。

お手数ですが、FAXまたはメールを送付後、必ずお電話でもお知らせください。
(右アイコンをクリックすると 申請書(word)がダウンロードできます。)       消防施設見学申込書

更新履歴

(志村消防署の災害状況は随時更新しています。)

サイトポリシー

 当署ホームページ(以下「本サイト」という。)のコンテンツは、次に定める条件(以下「本ご利用規定」という。)に従ってご利用いただくことを条件として、志村消防署管内の皆様を対象として提供するものです。本サイトをご利用の皆様におかれましては、本サイトにアクセスした際に、本ご利用規定に同意いただいたものとみなします。

 本サイトは、東京都で定められた「東京都公式ホームページガイドライン」及び「ウェブデザインの手引き」に基づいて設計されています。

 また、本ご利用規定は予告なしに変更する場合があります。この場合は、本ご利用規定の変更後、初めて本サイトにアクセスした時点において、変更後のご利用規定に同意いただいたものとみなします。

志村消防署 電子メールアドレス
  simura@tfd.metro.tokyo.jp 
119番通報などの緊急時の通報には、利用できません。

↑このページのトップへ戻る