このページの本文へ移動
東京消防庁試験・講習自衛消防技術試験よくある質問コーナー>5 合格発表、合格手続きについて

自衛消防技術試験

よくある質問コーナー

5 合格発表、合格手続きについて

 合格発表はどのように行われるのですか?

筆記試験の合否については、受験日当日の12時に試験会場で発表します。

筆記試験の合否については、受験日当日の12時に試験会場で発表します。合格者は引き続き実技試験を受験します。最終的な合格発表は、試験日から約2週間後 、ご本人あてに試験結果通知書を郵便により送付します。

また、東京消防庁ホームページ上に、合格者の受験番号を掲示します。合格発表日は試験日によって異なりますので、合格発表の日時などの詳細は試験当日にお知らせします。


 受験結果を電話で確認することはできますか?

できません。電話・FAX等による合否の確認には一切お答えできません。


 試験結果通知書が届きません。どうすればよいでしょうか?

試験結果通知書は、合格発表日に発送します。必ずしも、合格発表日にお手元に届くわけではありません。郵便事情により、2、3日かかる場合もありますので、合格発表日から数日はお待ちください。

また、郵送先については、試験当日、試験結果通知書の郵送先部分を、受験生ご本人にご記入いただいております。ご本人が記入した住所等が間違っていると、消防技術試験講習場に返送されてくる場合があります。返送されてしまった場合は、こちらから再送することが出来ないため、消防技術試験講習場まで直接受け取りに来ていただくことになります。

試験日から約3週間後の認定証の交付日(※具体的な交付日は、試験日によって違うため、試験当日にお知らせします。)の前日になっても届かない場合には、消防技術試験講習場にお電話でお問合せください。個別に対応いたします。


 ●お問合せ先
 東京消防庁消防技術試験講習場 TEL:03−3255−2945

 試験結果通知書をなくしました。再発行してくれませんか?

試験結果通知書は再発行しません。

試験結果通知書は、試験結果を知らせるだけではなく、その後の諸手続きにおいても大切な書類です。

合格者の方にとっては、自衛消防技術認定証の交付申請のために必要な書類となります。

筆記試験のみの合格者にとっては、筆記試験日から6か月以内の自衛消防技術試験を再度受験する際に、筆記試験免除を受けるための証明書類となります。筆記合格印の押された試験結果通知書のみが筆記試験免除で受験するための証明書類となるため、なくした場合は、筆記試験免除で受験申請することはできなくなり、免除なしの一般試験の受験となってしまいます。

試験結果通知書は、なくさないように大切に保管してください。


 合格と記載された試験結果通知書を受け取った後の手続きを教えてください。

合格をお知らせした試験結果通知書に、交付日の年月日が記載されています。

自衛消防技術認定証の交付日から約2週間が、認定証の交付期間となります。

(※具体的な交付期間は、試験によって異なるため、試験当日にお知らせします。)

その交付期間内に、認定証の交付申請手続きを行ってください。

交付方法は、消防技術試験講習場の4階窓口又は郵送の2種類があり、試験当日、どちらかの方法を選んでいただきます。

なお、交付手数料1,700円が必要です。


 氏名や本籍が変更した場合は何か届け出る必要がありますか?

氏名、本籍(都道府県名)、生年月日が変更した場合は、都内の各消防署、消防分署又は消防出張所(稲城市及び島しょ地域を除きます。)で書換え申請を行ってください。

また、紛失、滅失、汚損、破損等した場合には、再交付の申請を行ってください。