このページの本文へ移動
東京消防庁ライブラリー消防雑学辞典
消防雑学事典
?火災予防運動のあゆみ

昭和23年のポスター
昭和23年のポスター mark  わが国の火災予防運動は、アメリカのそれにならって行われるようになったといわれています。
 アメリカにおける火災予防運動は、1911年10月9日に、アメリカ合衆国全土にわたって初めて行われた「火災予防デー」に、その起源を発しています。
 この火災予防デーは、1871年10月8日に起こったシカゴ大火(17,500棟焼失・死者250人)40周年に際し、改めて火災予防の必要性を一般に認識させようと、北米ファイヤーマーシャル協会の提案に基づいて始められたものです。
 日本においても明治時代の後期に至ると、「火の用心」のビラを配ったり、防火講演会を実施したりして、警火心を喚起しています。
 大正15(1926)年の9月に、全国消防組組頭大会が初めて明治神宮外苑の日本青年館で開かれ、そのときの第14号議案に、アメリカの火災予防運動の例にならって、わが国でも全国一斉に「防火デー」を設けようとの提案がなされました。この提案は、直ちには実施に移されませんでしたが、独自に防火運動を進めるところが各地に現れはじめました。
本所消防署の防火宣伝隊
本所消防署の防火宣伝隊
 全国統一防火運動のきっかけとなったのは、昭和2(1927)年3月7日に、丹後西北部を襲ったマグニチュード7.5の北丹後地震でした。この地震により全半壊した住宅は12,548戸、焼失家屋は3,711戸、死者と行方不明者を合わせて2,925人という大きな被害を受けました。これがこの年の2月9日に設立された大日本消防協会(現日本消防協会の前身)の事業目標である、防火防災思想の普及活動の契機となったのです。
 北丹後地震後3年目に当たる、昭和5(1930)年3月7日に大日本消防協会は、府県の消防協会と共催して、第1回の防火運動を近畿地方で実施しました。京都、大阪、兵庫、滋賀および奈良の二府三県が参加し、実施要綱を定めて火災予防に関する講習やラジオによる広報を行ったほか、小学校での火災予防の講話、街頭での広報、チラシの配布、さらには消防職員や警察職員による消防演習などが、各地で盛大に行われました。
 好評を博した第1回防火運動に刺激され、昭和5年の12月1日には、関東地方の東京、神奈川、千葉、埼玉、長野、群馬、それに福島を加えた一府六県が、12月1日を防火デーと定め、府県ごとに一斉の防火運動を行いました。次いで、昭和9(1934)年には東海地方が、昭和10(1935)年には九州地方でも防火運動が始められました。このほかの地域でも、一斉の防火運動とは別に、毎年12月1日を防火デーと定めて、さまざまな防火運動を行うところが多くありました。
 終戦の年の昭和20(1945)年には、GHQ(連合軍総司令部)の指示により、この年はアメリカと同じ日の10月21日から27日までの一週間を、全国一斉の火災予防運動として行いました。これが、火災予防運動を一週間として行った最初のものでした。
初の車両火災予防運動ポスター
初の車両火災予防運動ポスター

 自治体消防制度が発足した翌年の昭和24(1949)年からは、それまでは秋季の1回だけであったものを、春、秋の2回に分けて行うようになりましたが、実施期間はその年によってまちまちでした。そこで、期間も全国統一にすべきであるとの意見が強まり、昭和28(1953)年には秋季を11月26日から一週間とし、昭和30(1955)年からは春季を2月末日から二週間に統一しました。しかし、日本の気候的条件もあって、北海道などでは、実施時期を遅らせるなどの対策がとられており、それは現在でも変わっていません。
 昭和26(1951)年4月24日、横浜市桜木町で発生した国電(現JR)京浜東北線の電車火災(5両のうち2両全焼、死者105人、傷者81人)は、交通機関の火災の恐ろしさをまざまざと見せつけました。
 この事故を契機として関東一円と山梨県では、この年の7月21日から30日の10日間にわたり、車内での「喫煙制限ならびに禁止」、「危険物の車中持込禁止」を重点として、第1回の車両火災予防運動を実施しました。
火災予防運動ポスター(平成12年秋)
火災予防運動ポスター(平成12年秋)
 やがて、この運動も全国的に統一して行うべきだとの意見が強まり、昭和30年から、春の火災予防運動が行われる前の2月末日から3月6日までの一週間、全国で足並みをそろえて実施するようになり、今日では、春の火災予防運動の中に含めて実施しています。
 船舶関係については、東京・千葉・川崎・横浜など、東京湾岸沿いの地域においての船舶の輻輳(ふくそう)、また、激増するタンカーの往来による火災危険等を予防するため、車両火災予防運動とあわせて昭和38(1963)年から実施しています。
 また、山火事予防運動は、林野庁と総務省消防庁がそれぞれ独自に実施していたものを、昭和44(1969)年から一元化して、山火事が多発する春先、春の火災予防運動にあわせて実施しています。
 春の火災予防運動は3月1日から3月7日まで(平成2年にこの期間となる)、秋の火災予防運動は11月9日から11月15日まで(平成元年にこの期間となる。開始日の11月9日は、119番の日に因んだもの)の期間に、総務省消防庁から示される全国火災予防運動実施要綱に基づき、各自治体がそれぞれの特殊性を考慮して実施しています。

火災予防運動標語の変遷(東京)
時代 標語 時代 標語
明治後期 ポンプ百より用心一つ 大正末期 不意の地震にふだんの備え
大正末期 火事だ地震だ 先ず消せ火種 昭和5年 寸時の不注意 百萬の損
昭和11年 くる日も くる日も防火デー 昭和15年 防火は第二の国防なり
昭和17年 資源を護れ 火を守れ 昭和戦時中 火事は 身の損 国の損
昭和戦時中 火の用心 だれにもできる御奉公 昭和戦後 火の手に渡すな衣食住
昭和29年 火の用心 一歩進めて燃えない工夫 昭和30年 火の用心は いつもきれいな煙突から
昭和33年 はやくみつけて・・・119 昭和36年 燃えない工夫 焼かない備え
昭和37年 たばこは吸いがらいれのあるところで 昭和40年 火災から いのちを守ろう
昭和42年 こんろ、ストーブは、いつも手入れと点検を 昭和43年 出るとき寝るとき火の元をたしかめましょう
昭和44年 責任もとうあなたの火災予防 昭和45年 家庭に職場に防火の備え
昭和46年 あなたにもはじめは消せる小さな火 昭和47年 煙はあなたより早い
昭和48年 あなたは安全ですか 昭和49年 生活の一部にしよう火の点検
昭和50年 幸せを明日につなぐ火の始末 昭和51年 火災は人災防ぐはあなた!
昭和52年 使う火を消すまで離すな目と心 昭和53年 それぞれの持場で生かせ火の用心
昭和54年 これくらいと思う油断を火が狙う 昭和55年 あなたです!火事を出すのも防ぐのも
昭和56年 毎日が防火デーですぼくの家 昭和57年 火の用心 心で用心 目で用心
昭和58年 点検は防火のはじまりしめくくり 昭和59年 あとでより今が大切火のしまつ
昭和60年 怖いのは消したつもりと消えたはず 昭和61年 防火の大役あなたが主役
昭和62年 消えたかな!気になるあの火 もう一度 昭和63年 その火 その時 すぐ始末!
平成元年 高めよう住まいの安全 平成元年 広げよう放火防止に都民の輪
平成2年 防火のそなえ 住まいに 町に 平成3年 防火のそなえ 住まいに 町に
平成4年 火の用心!わが家の安心 地域の安全 平成5年 広げよう 地域ぐるみの 火の用心
平成6年 ふれあいの 心でつなぐ 防火の輪 平成7年 家庭から 地域に広げる 自主防火
平成8年 みんなで築く 住まいの安全 地域の防火 平成9年 広めよう 防火の心 住まいに町に
平成10年 火の用心 まかせずたよらず 自分から 平成11年 まさかより もしものための 火の用心
平成12年 火の始末 その目 その手で もう一度    
*昭和49年から昭和63年までは全国統一標語を使用



戻る