このページの本文へ移動
東京消防庁 >安全・安心情報 >日常生活における事故情報 > STOP!子どもの「転落」

STOP!子どもの事故シリーズ E

事故から子どもを守ろう

STOP!子どもの「転落」

東京消防庁

リーフレット版はこちら(PDF899KB)PDFファイル

子どもが窓やベランダから転落する事故が繰り返し起きています。

高所からの転落は、生命に危険を及ぼす可能性が高い事故です。

窓から落ちた! ベランダから落ちた!

窓際やベランダに子どもが上れるようなものを置いていませんか?

子どもは日々成長し、行動範囲が広がっていきます。昨日上れなかった場所に、今日は上っているかもしれません。

データは、東京消防庁管内で救急搬送されたもの。
東京都のうち、稲城市、島しょ地区を除く地域

こんな事故が起きています

網戸が外れて・・・

【事例】

2歳の女児は、自宅2階のベッド上で飛び跳ねていたところ、バランスを崩して網戸にぶつかり網戸が外れ地上に墜落した。
(程度:重症)

ベランダの室外機に上って・・・

【事例】

5歳の女児は、自宅3階ベランダで室外機に乗って遊んでいたところ、誤ってベランダの手すりを乗り越え、地上に墜落した。
(程度:中等症)

滑り台から・・・

【事例】

1歳の男児は、滑り台の階段を降りていたところ、高さ約160cmのところから転落し、頭部を受傷した。
(程度:重篤)

落ちてからでは遅いのです!今から予防対策を!

窓やベランダからの「転落」を防ぐために

窓際やベランダに子どもが上れるようなものを置かない!

こんな事故も起きています

ベッドから落ちる

【事例】

1歳の男児は、約50cmの高さのベビーベッドから転落し頭部を受傷した。
(程度:中等症)

事故防止Point!

ベビーベッドの柵は、上まであげておく。

自転車の補助イスから落ちる

【事例】

5歳の男児を、自転車後部の補助イスに座らせていたところ、父親が目を離した隙に、自転車が倒れ左腕を骨折した。
(程度:中等症)

事故防止Point!

自転車の幼児用座席に子どもを乗せたまま、その場を離れない。
 子ども用ヘルメットを着用させる。

抱っこひもから落ちる

【事例】

0歳5か月の女児は、抱っこひもで抱かれていたが、ひもの隙間から地面に転落し頭部を受傷した。
(程度:軽症)

事故防止Point!

抱っこで前にかがむ時は、必ず手で支える。
 おんぶや抱っこをする時、降ろす時は低い姿勢で行う。

転落事故の原因となったもの上位5つです。

表:転落事故の原因上位5位(平成28年中)

転落事故の原因上位5位(平成28年中)

天窓やガラス屋根の危険

マンション等の天窓やガラス屋根の上に乗り、天窓等が破損して墜落する事故が発生しています。

天窓等からの墜落は高所からの墜落となり大変危険です。

事故防止Point!

天窓・ガラス屋根を有する施設の管理者等は、子供が天窓・ガラス屋根に至る足場となりそうなものを取り除く、天窓の周囲に柵を設けるなど、容易に天窓・ガラス屋根に近づくことができない環境をつくる。

保護者は、天窓やガラス屋根に乗ると破損し、墜落する危険があることを子供に十分理解させる。


↑このページのトップへ戻る

   目次に戻る