このページの本文へ移動
東京消防庁 >安全・安心情報 >日常生活における事故情報 > STOP!子どもの「はさまれ」

STOP!子どもの事故シリーズ ⑤

事故から子どもを守ろう

STOP!子どもの「はさまれ」

東京消防庁

リーフレット版はこちら(PDF508KB)PDFファイル

子どもの「はさまれ」の原因で一番多いものはどれでしょう?

画像:① 手動ドア

① 手動ドア

画像:② エレベーターの扉

② エレベーターの扉

画像:③ 自動車のドア

③ 自動車のドア

画像:年齢別のはさまれ事故の原因上位5位(平成29年中)
年齢別のはさまれ事故の原因上位5位(平成29年中)

子どもの手や足は大人より小さく、狭い隙間でも入ってしまいます。)

データは、東京消防庁管内で救急搬送されたもの。
東京都のうち、稲城市、島しょ地区を除く地域

子どもはどこではさんでいるの?

手動ドアのはさまれ

画像:手動ドアのはさまれ

手動ドアによるはさまれ事故の発生場所(平成29年中)

指の切断に至ることもあります。

【事例】

玄関ドアを閉めた際、2歳の子どもが蝶番側に右手をはさみ指を切断した。
(程度:中等症)

【事例】

親が開き戸を閉めた際、抵抗があったため更に強く閉めたら、1歳の子どもの指がはさまっていた。
(程度:軽症)

平成29年中にはドアにはさまれて2人の子どもが指を切断する事故にあっているんだよ。

こんな事故も起きています

エレベーター

【事例】

エレベーターの扉が開いた際に、1歳の子どもの右手が戸袋にはさまれた。
(程度:中等症)

エスカレーター

【事例】

3歳の子どもが物を拾おうとした際に、エスカレーターのスカートガードに左手の指をはさまれた。
(程度:中等症)

サンダルや長靴が巻き込まれて、足を受傷する事故も起きています。

子どもの「はさまれ」を防ぐために

  • ドアの開閉時は、子どもがどこにいるか確認する。
  • ドアの蝶番側は、指はさみを防止するグッズなどでカバーする。
  • エレベーター、エスカレーター付近では遊ばせない。

電車、自動車、自転車の「はさまれ」

電車のドアや戸袋

【事例】

1歳の子どもを抱いて電車に乗っていたところ、ドアが開いた際に、子どもの右手がドアの戸袋にはさまれた。
(程度:中等症)

事故防止Point!

電車のドアが開く際に、子どもの手や腕、足などがドアに触れることがないように注意しましょう。

自動車のドア

【事例】

2歳の子どもが自動車のパワーウィンドウを閉鎖した際に、右手の指をはさんだ。
(程度:軽症)

事故防止Point!

自動車のドアや窓を閉鎖する時は、必ず子どものいる位置を確認しましょう!!

自転車のスポーク

【事例】

5歳の子どもが自転車の補助イスに乗っていたところ、タイヤのスポークに左足が巻き込まれた。
(程度:軽症)

事故防止Point!

6歳未満の幼児を自転車に同乗させる時は、幼児用座席に乗車させるようにしましょう。


↑このページのトップへ戻る

   目次に戻る