このページの本文へ移動
東京消防庁 >安全・安心情報 >日常生活における事故情報 > STOP!子どもの事故

STOP!子どもの事故シリーズ @

事故から子どもを守ろう

STOP!子どもの事故

東京消防庁

リーフレット版はこちら(PDF1.21MB)PDFファイル

1日に約38人以上の子どもが救急搬送!!

日常生活の中でケガをして、1年間に14,040人の子ども(12歳以下)が救急車で医療機関へ搬送されています。1日にすると約38人もの子どもが救急車で搬送されています。特に、1歳児、2歳児が多くなっています。

画像:年齢別の救急搬送人員(平成29年中)
年齢別の救急搬送人員(平成29年中)

同じような年齢で同じような事故が繰り返し起きています。過去に起きた事例を知り、予防対策をとることで、防げる事故が多くあるのです。

データは、東京消防庁管内で救急搬送されたもの。
東京都のうち、稲城市、島しょ地区を除く地域

家の中の危険を確認しましょう!!

~子どもの成長とともに危険がないか確認しましょう~

子どもの成長発達段階と遊び

0歳
ベッドソファといった家具や、人(抱っこ等)などから「落ちる」事故が多く発生しています。また、包み・袋タバコ玩具「誤って飲み込む」事故も多く発生しており、6か月になると何でも口に入れてしまうのが特徴です。

1歳
一人歩きを始める頃で、階段椅子ベッドなどから「落ちる」事故や家具机・テーブルに起因する「ころぶ」事故、「ぶつかる」事故が多く発生しているのが特徴です。

2歳
1歳児と同じく家具机・テーブルなどの家具類に起因する「ころぶ」事故が多く発生しています。自転車の補助イスから「落ちる」事故や手動ドア「はさむ・はさまれる」事故も多く発生しているのが特徴です。

3~5歳
階段道路「ころぶ」事故が多く発生しています。また、自転車の補助イスから「落ちる」事故、ビー玉アメ玉類などを「誤って飲み込む」事故も多く発生しているのが特徴です。


↑このページのトップへ戻る

   目次に戻る