このページの本文へ移動
 東京消防庁安全・安心トピックスつけましたか?住宅用火災警報器!>設置したあとは? 

つけましたか?住宅用火災警報器!あなたと家族の命を守る! 〜平成22年4月1日からすべての住宅に住宅用火災警報器の設置が義務付けられました〜

home ついててよかった! なぜ必要なの? どこに付けるの? 取り付け方法は? どこで買えるの?
設置は義務なの? 設置したあとは? 資料ダウンロード よくある質問 お問い合わせ

住宅用火災警報機※を設置したあとは?

住宅用火災警報器は、命を守る大切な機器です。
「いざ」というときにきちんと作動するように、日頃からお手入れや点検をしましょう。


消火

警報がなったときは

  • ■ 火災のとき

    大声で周りに火災を知らせ、119番通報をしましょう。

    可能なら消火を行ってください。

    消火が難しそうな場合は、速やかに避難して下さい。

  • ■ 火災ではないとき

    火災以外の湯気や煙などを感知して警報が鳴った時は、警報音停止ボタンを押す、ひもがついているタイプのものはひもを引く、もしくは、室内の換気をすると警報音は止まり、通常の状態に戻ります。

    • ● 台所でよく鳴る・・・

      煙や湯気が直接かからない場所に警報器の場所を変えるか、熱式の警報器に取り換えて下さい。

    煙霧式の殺虫剤 煙霧式の殺虫剤を使用する際は・・・

    警報器を取り外すか、ビニール袋で覆ってください。その際は、火災予防に万全を期すとともに、殺虫剤使用後は必ず警報器を元の状態に戻して下さい。


お手入れをしましょう

点検の方法

正常に作動するか、月に1回点検しましょう。

  • ■ お手入れをしましょう

    警報器にホコリが付くと火災を感知しにくくなります。汚れが目立ったら、乾いた布でふき取りましょう。

    特に、台所に取り付けた警報器は、油や煙などにより汚れがつくことがあります。布に水やせっけん水を浸し、十分絞ってから汚れをふき取って下さい。

    テストをしましょう
  • ■ テストをしましょう

    テストは、ボタンを押したり、ひもがついているタイプのものは、ひもを引いて行えます。詳しくは製品の取扱説明書をご覧ください。

    • ● 音が鳴らない・・・
      音が鳴らない・・・

      次のことを確認しましょう。

      ・電池はきちんとセットされていますか?

      ・電池切れではありませんか?

      ・それでも鳴らない場合は、故障が考えられます。

      取扱説明書をご確認下さい。


交換の時期と廃棄方法

  • ■ 電池切れかな?

    電池切れの時には音声でお知らせするか、ピッ・・・ピッ・・・と短い音が一定の間隔で鳴りますので、新しい電池に交換してください。

  • ■ 警報器本体の寿命は・・・

    警報器本体の寿命は、おおむね10年です。設置後10年が経過したら新しい警報器に交換してください。

    廃棄する場合はお住まいの地域のルールに従って適正に廃棄してください。

    メンテナンスカードのダウンロードはこちら (PDFファイル 472KB)


目次に戻る