このページの本文へ移動
東京消防庁 > 安全・安心 > 日常生活における事故情報 >熱中症に注意!

熱中症に注意!

1 過去5年間の熱中症による救急搬送状況

(1)年別の救急搬送人員

東京消防庁管内※1では過去5年間(各年6月から9月)に、19,341人が熱中症(熱中症疑いを含む)により救急搬送されました。平成28年の熱中症による救急搬送人員は過去5年間で最も少ない2,819人で、平成27年と比較すると1,883人(約40%)の減少となりました(図1)。

図1 過去5年間の熱中症による救急搬送人員(各年6月〜9月)

図1 過去5年間の熱中症による救急搬送人員(各年6月〜9月)

(2)月別の救急搬送人員

月別では、各年ともに7月、8月の発生が多いですが、梅雨時期の6月や残暑の9月にも熱中症による救急搬送がみられます。平成28年は、他の年と比較すると7月、8月は、救急搬送が最も少なかったものの、6月、9月は、多くなっていました(図2)。

図2 月別の熱中症による救急搬送人員

図2 月別の熱中症による救急搬送人員

2 救急搬送人員と気象

(1)救急搬送人員と気温※2の状況

平成28年6月から9月までの熱中症による救急搬送人員と気温の関係を見てみると、熱中症による救急搬送は、7月の気温が高くなった日に増加し、梅雨明け後に更に急増しました(図3)。

平成28年は関東甲信地方では6月5日ごろに梅雨入りし、7月29日ごろに梅雨明けとなりました(気象庁発表)。

  1. 図3の太陽のマーク は、6時から18時の間「快晴」または「晴」
図3 熱中症による救急搬送人員と気温(平成28年6月〜9月)

図3 熱中症による救急搬送人員と気温(平成28年6月〜9月)

(2)気温別の救急搬送人員の状況

救急要請時の気温と救急搬送人員では、28℃台から31℃台では300人以上の人が救急搬送されました(図4)。

図4 気温別の熱中症による救急搬送人員(平成28年6月〜9月)

図4 気温別の熱中症による救急搬送人員(平成28年6月〜9月)

(3)救急要請時の気温と湿度の状況(平成28年6月〜9月)

下の図は、平成28年6月から9月末までに熱中症で救急搬送された2,819人の救急要請時の気温と湿度を表したもので、赤い色が濃いほど救急搬送が多くなっています。気温34℃で湿度50%から気温24℃で湿度88%の範囲で、救急搬送人員が多く分布していることが分かります。

また、気温が高くなくても湿度が高いと熱中症で救急搬送されていることが分かります(図5)。

図5 救急要請時の気温と湿度(平成28年6月〜9月)

図5 救急要請時の気温と湿度(平成28年6月〜9月)

3 時間帯別の救急搬送状況

時間帯別の救急搬送状況を見ると、最も多いのは14時台で278人でした。特に11時台から16時台は200人以上と多くなっていました(図6)。

図6 時間帯別の救急搬送人員(平成27年6月〜9月)

図6 時間帯別の救急搬送人員(平成28年6月〜9月)

4 年齢と救急搬送人員の状況

(1)年代別の救急搬送状況

年代別の救急搬送状況を見ると、80歳代が554人と最も多く、次いで70歳代が484人となっており、人口10万人あたりの救急搬送人員で見ると、80歳代以上になると急激に多くなっており、60歳代以下では10歳代が最も多くなっていました(図7)。

図7 年代別の救急搬送人員(平成27年6月〜9月)

図7 年代別の救急搬送人員(平成28年6月〜9月)

(2)年齢区分別の救急搬送状況

年齢区分別の救急搬送状況を見ると、65歳以上の高齢者が1,391人で全体の約半数を占め、そのうち約7割にあたる978人が75歳以上の後期高齢者でした(図8)。

図8 年齢区分別の救急搬送人員(平成27年6月〜9月)

図8 年齢区分別の救急搬送人員(平成28年6月〜9月)

5 救急搬送時の初診時程度

救急搬送時の初診時程度を見ると、救急搬送された2,701人のうち約4割にあたる1,043人が入院の必要があるとされる中等症以上と診断されています。重症以上は53人で、そのうち10人は生命の危険が切迫しているとされる重篤と診断されています(図9、表1)。

また、高齢者(65歳以上)は、半数以上の56.8%が中等症以上と診断され、後期高齢者(75歳以上)に限ると、58.7%が中等症以上と診断されています(表2、表3)。

図9 救急搬送時の初診時程度別の救急搬送人員(平成28年6月〜9月)

図9 救急搬送時の初診時程度別の救急搬送人員(平成28年6月〜9月)

表1 年代別の救急搬送時の初診時程度と中等症以上の割合(平成28年6月〜9月)

年代 軽症 中等症 重症 重篤 合計 中等症以上の割合
9歳以下 60人 4人 64人 6.3%
10歳代 259人 64人 1人 324人 20.1%
20歳代 204人 62人 2人 1人 269人 24.2%
30歳代 163人 49人 3人 2人 217人 24.9%
40歳代 162人 75人 3人 1人 241人 32.8%
50歳代 130人 58人 4人 192人 32.3%
60歳代 197人 116人 4人 1人 318人 38.1%
70歳代 249人 224人 11人 484人 48.6%
80歳代 257人 280人 15人 2人 554人 53.6%
90歳代 62人 85人 3人 3人 153人 59.5%
100歳以上 3人 3人 100%
合計 1,743人 1,020人 46人 10人 2,819人 38.2%

表2 年齢区分別の救急搬送時の初診時程度と中等症以上の割合(平成28年6月〜9月)

年齢区分 軽症 中等症 重症 重篤 合計 中等症以上の割合
5歳以下乳幼児 26人 3人 29人 10.3%
6〜12歳小学生の年代 89人 6人 95人 6.3%
13〜15歳中学生の年代 97人 29人 1人 127人 23.6%
16〜18歳高校生の年代 79人 14人 93人 15.1%
19〜64歳 760人 307人 13人 4人 1,084人 29.9%
65歳以上高齢者 692人 661人 32人 6人 1,391人 50.3%
合計 1,743人 1,020人 46人 10人 2,819人 38.2%

表3 高齢者の救急搬送時の初診時程度と中等症以上の割合(平成28年6月〜9月)

年齢 軽症 中等症 重症 重篤 合計 中等症以上の割合
65〜74歳 240人 166人 6人 1人 413人 41.9%
75歳以上 452人 495人 26人 5人 978人 53.8%
合計 692人 661人 32人 6人 1,391人 50.3%

6 熱中症の発生場所

救急要請時の発生場所では、住宅等居住場所が1,152人で全体の40.9%を占め最も多く、次いで道路・交通施設が724人で25.7%を占めていました(図7−1)。

また、年齢区分別に発生場所を見ると、乳幼児(0〜5歳)、高齢者(65歳以上)は「住宅等居住場所」が多くを占め、小学生となる6歳〜12歳、中学生となる13歳〜15歳、高校生となる16歳〜18歳は、いずれも「学校・児童施設等」、「公園・遊園地・運動場等」が多く、この2つで全体の約6割から7割を占めました(図10−2〜10−7)。

図10−1 発生場所別の救急搬送人員(平成28年6月〜9月)

図10−1 発生場所別の救急搬送人員(平成28年6月〜9月)

図10−2 発生場所別の熱中症による救急搬送人員0歳〜5歳(平成28年6月〜9月)

図10−2 発生場所別の熱中症による救急搬送人員
0歳〜5歳(平成28年6月〜9月)

図10−3 発生場所別の熱中症による救急搬送人員 6歳〜12歳(平成28年6月〜9月)

図10−3 発生場所別の熱中症による救急搬送人員
6歳〜12歳(平成28年6月〜9月)

図10−4 発生場所別の熱中症による救急搬送人員 13歳〜15歳(平成28年6月〜9月)

図10−4 発生場所別の熱中症による救急搬送人員
13歳〜15歳(平成28年6月〜9月)

図10−5 発生場所別の熱中症による救急搬送人員 16歳〜18歳(平成28年6月〜9月)

図10−5 発生場所別の熱中症による救急搬送人員
16歳〜18歳(平成28年6月〜9月)

図10−6 発生場所別の熱中症による救急搬送人員 19歳〜64歳(平成28年6月〜9月)

図10−6 発生場所別の熱中症による救急搬送人員 19歳〜64歳(平成28年6月〜9月)

図10−7 発生場所別の熱中症による救急搬送人員 65歳以上(平成28年6月〜9月)

図10−7 発生場所別の熱中症による救急搬送人員 65歳以上(平成28年6月〜9月)

7 過去5年間の年齢区分別発生状況

過去5年間の年齢区分別の救急搬送人員では、平成28年は前年に比べ、乳幼児の年代にあたる5歳以下は31.8%増加しましたが、その他の年齢区分は、いずれも減少していました(表4)。

表4 過去5年間の年代別救急搬送人員(各年6月〜9月)

年齢区分 平成24年 平成25年 平成26年 平成27年 平成28年 前年比
5歳以下 28人 26人 16人 22人 29人 31.8%
6〜12歳 143人 138人 152人 170人 95人 △44.1%
13〜15歳 157人 181人 162人 165人 127人 △23.0%
16〜18歳 122人 166人 136人 160人 93人 △41.9%
19〜64歳 1,593人 2,195人 1,465人 1,855人 1,084人 △41.6%
65歳以上 1,448人 2,256人 1,436人 2,330人 1,391人 △40.3%
合計 3,491人 4,962人 3,367人 4,702人 2,819人 △40.0%

8 熱中症での救急搬送事例と予防のポイント

室内で熱中症になった事例
  • 7時頃の起床時から暑く、エアコンが故障しているため扇風機で我慢していたが、徐々に呼吸が荒くなり、11時半頃、手足のしびれ感などがあり、外出して木陰のベンチで休んでいたが、更に具合が悪くなり、救急要請となったもの。
    【平成28年7月 女性(78歳) 熱中症(中等症) 気温28.2℃ 湿度66%】
  • 自宅にて高温の居室内に長時間おり、意識障害の症状が出ていたのを帰宅した息子が発見し救急要請となったもの。
    【平成28年8月 女性(86歳) 熱中症(重症) 気温29.2℃ 湿度74%】
  • 自宅において、2日前から体調不良を自覚するも、エアコンは使用せず、扇風機のみで過ごしていたところ、動けなくなったため、救急要請となったもの。
    【平成28年8月 男性(29歳) 熱中症(中等症) 気温31.9℃ 湿度66%】
<予防のポイント>

気温が高くなくても湿度が高いと、熱中症になることがあります。

  • 水分補給を計画的、かつ、こまめにしましょう。
  • 窓を開け風通しを良くしたり、エアコンや扇風機等を活用し、室内温度を調整するなど、熱気を溜めないようにしましょう。
乳幼児が、車の中で熱中症になった事例
  • 駐車場停車中の車両内に鍵を置き忘れ、何らかの原因で男児が閉じ込められ救出不能となったため、救急要請となったもの。
    【平成28年7月 男児(1歳) 熱中症疑い(軽症) 気温29.4℃ 湿度67%】
  • 15 時半頃にエアコンをかけていない車内に10分程度いたところ、頭痛を訴え、水分を少し与えたが症状が改善しないため、自宅に戻り救急要請となったもの。
    【平成28年8月 男児(2歳) 熱中症疑い(軽症)気温31.4℃ 湿度57%】
<予防のポイント>

夏場の車内の温度は、短時間で高温になります。

  • 少しの間でも子供を車内に残さないようにしましょう。
  • 子供が、自分で内鍵をかけたり、車の鍵で遊んでいて誤って、ロックボタンを押してしまい閉じ込められる事故が発生しています。車を降りる際は、鍵を持って降りましょう。
屋外で作業中に熱中症になった事例
  • 15時20分頃、道路工事作業中に全身の脱力感を訴え、立ち上がれなくなったため、同僚から救急要請となったもの。
    【平成28年7月 男性(34歳) 熱中症(重症) 気温32.3℃ 湿度52%】
  • 8時頃から住宅工事の足場外し作業をしており、10時頃、嘔吐及び痺れと全身脱力感があり、発見した関係者から救急要請となったもの。
    【平成28年7月 男性(23歳) 熱中症(重症) 気温30.0℃ 湿度67%】
屋外で並んでいて熱中症になった事例
  • イベント会場において、駐車場で列に並んでいる際に崩れ落ちるように倒れ、救急要請となったもの。
    【平成28年8月 男性(19歳) 熱中症(軽症) 気温27.0℃ 湿度69%】
運動中に熱中症になった事例
  • マラソン大会に出場中の男性がコース上で倒れたのを、目撃した他のランナーが大会スタッフに知らせ、救急要請となったもの。
    【平成28年7月 男性(25歳) 熱中症(重篤) 気温27.3℃ 湿度85%】
  • 9時半から屋外テニスコートにてテニスをしていたところ、具合が悪くなり、救急要請となったもの。
    【平成28年9月 男性(89歳) 熱中症(軽症) 気温27.9℃ 湿度70%】
複数の熱中症患者が発生した事例
  • 8時頃から野球の試合の前に練習をしており、9時頃から複数の選手が熱中症症状を訴えたため救急要請となったもの。
    【平成28年7月 12歳〜13歳の男性7名 熱中症(中等症1名、軽症6名)気温30.6℃ 湿度67%】
  • 高校の文化祭で、14 時30 分から15 時30 分まで体育館でダンスを踊り、引き続き体育館で片付け作業をしていところ、15 時50 分頃から複数のダンス部員が脱力感と頭痛、手足のしびれを発症し、救急要請となったもの。なお、体育館は冷房機能がなく、蒸し暑かった。
    【平成28年9月 15歳〜17歳の女性4名 熱中症(中等症1名、軽症3名)気温29.7℃湿度63%】
<予防のポイント>

クラブ活動等では、複数の生徒が熱中症で救急搬送されています。指導者等は、無理のない活動に配意しましょう。

  • 水分補給を計画的、かつ、こまめにしましょう。
  • 屋外では帽子を使用しましょう。
  • 襟元を緩めたり、ゆったりした服を着るなど服装を工夫しましょう。
  • 指導者等が積極的、計画的に休憩をさせたり、体調の変化を見逃さないようにしましょう。
  • 実施者は自分自身で体調管理を行い、体調不良の時は無理をせず休憩しましょう。

9 高齢者の特徴

(1)皮膚の温度感受性の鈍化

ヒトが暑さにさらされ、皮膚に存在する温度センサーが暑さを感知すると、その情報は脳の視床下部にある体温調節中枢に伝えられます。その情報に深部からの温度情報も加えて体温調節中枢が暑いと判断すると、皮膚血管や汗腺に命令を出し、皮膚血流量や発汗量を増大します(自律性体温調節)。さらに冷房の利用や衣服の調節などといった行動性体温調節も引き起こします。高齢者の冷房使用頻度が少ないのは、老化に伴い皮膚の温度センサーの感度が鈍くなり、暑さを感知しにくくなるのも一因です。皮膚の温度センサーが鈍くなると、自律性体温調節の発動も遅れてきます。この行動性と自律性の体温調節の鈍化が、体に熱をため、熱中症の発生へと繋がります。

(2)熱放散能力の低下

脳が暑いと判断すると、自律性体温調節として皮膚血流量や発汗量を増加して熱放散を促進します。老化が進むと皮膚血流量と発汗量の増加が遅れ、その後の体温の上昇に伴う増加の程度も小さくなります。そのため、高齢者は若年者より熱放散能力が低く、体に熱がたまりやすくなり、深部体温がより上昇しやすくなります。

暑くなると、皮膚への血流量が増加するため、心臓にもどってくる血液量が減少します。それを補うために心拍数が増加し循環系への負担が大きくなります。このような状態になると、循環器系に基礎疾患があったり、疾患はなくとも機能的に低下している高齢者は、熱中症にかかりやすくなります。

(3)体液量の低下

高齢者は若年者より体液量および血液量が少ないことも知られ、この減少も老化に伴う熱放散反応の低下につながります。

一般に脱水が進むと、のどの渇きが起こり、自然に飲水行動をとります。しかし、高齢者は、脱水が進んでものどの渇きが起こりにくくなっています。これは脳での察知能力が低下するために起こるようです。

高齢者の特徴

10 熱中症の予防

(1)暑さに身体を慣らしていく。

暑い日が続くと、体がしだいに暑さに慣れて(暑熱順化)、暑さに強くなります。

暑熱順化は、「やや暑い環境」で「ややきつい」と感じる強度で毎日30分程度の運動(ウォーキングなど)を継続することで獲得できます。暑熱順化は運動開始数日後から起こり、2週間程度で完成するといわれています。そのため、日頃からウォーキングなどで汗をかく習慣を身につけて暑熱順化していれば、夏の暑さにも対抗しやすくなり、熱中症にもかかりにくくなります。汗をかかないような季節の段階から、少し早足でウォーキングし、汗をかく機会を増やしていれば、夏の暑さに負けない体をより早く準備できることになります。

<対策>
  • ウォーキングなど運動をすることで汗をかく習慣を身に付けるなど、暑さに強い体をつくる。
  • 冷房に頼りすぎない。

(2)高温・多湿・直射日光を避ける。

熱中症の原因の一つが、高温と多湿です。屋外では、強い日差しを避け、屋内では風通しを良くするなど、高温環境に長時間さらされないようにしましょう。

<対策>
  • 服装を工夫する。(襟元を緩める、ゆったりした服を着るなど通気を良くする。)
  • 窓を開け、通気を保つ。
  • 扇風機等を使用し、室内に熱気を溜めない。
  • すだれ・よしず等を使用する。
  • グリーンカーテンを作る。窓に遮光フィルムを貼る。
  • エアコンによる室内温度の調整をする。
  • 屋外では頭部を守るため帽子や日傘を使用する。
  • 日陰を選んで歩く。遊ぶ時は日陰を利用する。
  • 温度計や湿度計を設置して、こまめに確認し室内の温度の調整を行う。

(3)水分補給は計画的、かつ、こまめにする。

特に高齢者はのどの渇きを感じにくくなるため、早めに水分補給をしましょう。普段の水分補給は、健康管理上からもお茶や水がよいでしょう。水分補給目的のアルコールは尿の量を増やし体内の水分を排出してしまうため逆効果です。

なお、持病がある方や水分摂取を制限されている方は、夏場の水分補給等について必ず医師に相談しましょう。

<対策>

のどが渇いてから水分補給をするのではなく、例えば時間を決めて水分補給することや外出前に水分補給をするなど、意識的に水分補給を心がけましょう

(4)運動時などは計画的な休憩をする。

学校での体育祭の練習、部活動や試合中などの集団スポーツ中に熱中症が発生していることから、実施する人はもちろんのこと、特に指導者等は熱中症について理解して、計画的な休憩や水分補給など、熱中症を予防するための配慮をしましょう。

汗などで失われた水分や塩分をできるだけ早く補給するためには、水だけでなく、スポーツドリンクなどを同時に摂取するのもよいでしょう。

また、試合の応援や観戦などでも熱中症が発生していることから、自分は体を動かしていないからと言って注意を怠らないでください。

<対策>
  • 指導者等が積極的、計画的に休憩をさせる。
  • 指導者等は、体調の変化を見逃さない。
  • 実施者は自分自身で体調管理を行い、体調不良の時は無理をせず休憩する。
  • 屋外での応援や観戦など、運動をしていなくても高温環境にいることを忘れず、水分補給を心がける。

(5)規則正しい生活をする。

夜更かし、深酒、食事を抜くなど不規則な生活により体調不良な状態では、熱中症になる恐れがあります。

<対策>
  • 規則正しい生活と十分な食事をする。

(6)乗用車等で子供だけにしない。

車内の温度は短時間で高温になります。少しの間でも、子供を車内に残さないようにしましょう。

<対策>
  • 子供を車内に、絶対残さない。

(7)子供は大人よりも高温環境にさらされています。

一般的に地面に近いほど、地面からの輻射熱は高くなります。子供は大人に比べて身長が低いため、大人よりも、地面から受ける輻射熱は高温となります。

<対策>
  • 子供は大人の想像以上に輻射熱等を受けていると考えましょう。
  • 子供の体調の変化に注意しましょう。

11 熱中症を疑う症状と応急手当

※ 参考文献:熱中症環境保健マニュアル2014(環境省)

  1. ※1 東京都のうち稲城市と島しょ地区を除きます。
  2. ※2 気温、最高気温、平均気温、湿度、天気は気象庁の気象統計情報の東京で測定した数値等を使用しています。