このページの本文へ移動
東京消防庁 >安全・安心情報 >日常生活における事故情報 >今夏の熱中症による救急搬送状況について

今夏の熱中症による救急搬送状況について

東京消防庁では毎年熱中症※1による救急搬送人員が増えはじめる6月に入る前から、熱中症に対する注意喚起を実施しています。

平成28年6月から9月までの東京消防庁管内※2での熱中症による救急搬送状況※3については次のとおりです。

1 熱中症による救急搬送人員の比較

(1) 過去5年間の年別救急搬送人員

平成28年(6月〜9月)の熱中症による救急搬送人員は、過去5年間で最も少ない2,701人でした(図1)。

図1 過去5年間の熱中症による年別救急搬送人員(各年6月〜9月)

図1 過去5年間の熱中症による年別救急搬送人員(各年6月〜9月)

(2) 過去5年間の月別救急搬送人員

平成28年の熱中症による救急搬送人員は、7月、8月は、過去5年間で最も少なくなっていました(図2)。

図2 過去5年間の熱中症による月別救急搬送人員(各年6月〜9月)

図2 過去5年間の熱中症による月別救急搬送人員(各年6月〜9月)

2 救急搬送人員と気温※4

熱中症による救急搬送人員と気温の関係を見てみると、平成27年は猛暑日が11日あったのに対し、平成28年は3日と少なく、1日に100人以上救急搬送された日も、平成27年が20日あったのに対し、平成28年は3日でした。(図3)。

図3 熱中症による救急搬送人員と気温(各年6月〜9月)

※この画像をクリックすると拡大できます。

図3 熱中症による救急搬送人員と気温(各年6月〜9月)

3 年代別の救急搬送状況

年代別の救急搬送状況では、高齢者(65歳以上)が全体の50.3%と全体の半数を超えています。さらに、65歳以上のうち後期高齢者(75歳以上)の割合は70.1%と非常に高い割合となっています(図4)。

図4 熱中症による年代別救急搬送人員割合(平成28年6月〜9月)

図4 熱中症による年代別救急搬送人員割合(平成28年6月〜9月)

前年からの救急搬送人員の増減率では、平成28年は前年と比較して42.6%減少し、全ての年代で減少しています(表1)、(表2)。

表1 熱中症による年代別救急搬送人員と増減率(各年6月〜9月)

年齢 平成27年
救急搬送人員
平成28年
救急搬送人員
前年増減率
5歳以下 22人 16人 △27.3%
6〜12歳 170人 87人 △48.8%
13〜15歳 165人 119人 △27.9%
16〜18歳 160人 85人 △46.9%
19〜64歳 1,855人 1,035人 △44.2%
65歳以上 2,330人 1,359人 △41.7%
総 計 4,702人 2,701人 △42.6%

表2 高齢者の熱中症による年代別救急搬送人員と増減率(各年6月〜9月)

年齢 平成27年
救急搬送人員
平成28年
救急搬送人員
前年増減率
65〜74歳 683人 406人 △40.6%
75歳以上 1,647人 953人 △42.1%

4 年代別の熱中症による救急搬送人員と中等症以上の割合

年代別の熱中症による救急搬送人員の中等症以上の割合では、5割以上の高齢者(65歳以上)が、救急搬送時の初診時程度で入院が必要とされる中等症以上と診断されています(図5)。

図5 年代別の熱中症による救急搬送人員と中等症以上の割合(平成28年6月〜9月)

図5 年代別の熱中症による救急搬送人員と中等症以上の割合(平成28年6月〜9月)

5 まとめ

今年も早い時期から熱中症に対する注意喚起が各行政機関、学校、報道機関など様々な所で行われ、熱中症による救急搬送人員も前年と比較すると大幅に減少し、過去5年間でも最も少なくなりました。

しかしながら、高齢者(65歳以上)は、救急搬送全体の半数を超え、依然として入院が必要とされる中等症以上の割合も5割以上と非常に高くなっています。今後とも個人の熱中症予防対策とともに家族など周囲による熱中症予防対策が必要不可欠となります。