このページの本文へ移動
東京消防庁> トピックス > 古くなった消火器の破裂事故に注意!!

古くなった消火器は破裂する危険があります!!

古くなり腐食が進んだ消火器を操作したことにより、消火器が破裂し、ケガをする事故が発生しています。

変形や損傷、サビがあるような老朽化した消火器にはむやみに触らず、消火器メーカー又は消火器販売店等の専門業者にご相談ください。

日頃の点検

  • 消火器本体に変形、サビ又は塗色の剥離がありませんか。
  • ホースの損傷やひび割れ、キャップやホースの結合部に緩みがありませんか。
  • 圧力ゲージがある消火器は、指針が緑色の範囲内を示していますか。

日頃のお手入れ

  • 消火器が濡れたり、汚れた場合は、速やかに拭き取ってください。
  • 変形やサビなどの異常があった場合は、当該消火器メーカー又は消火器販売店等の専門業者に相談してください。
黒く変色している消火器
底の塗装がはがれた
消火器
ふたが破損している
消火器
(政府広報オンラインから転載)

置き場所

  • 湿度の高い場所、常時水や直射日光に当たる場所、火気器具の近くは避け、誰もが見やすく、使いやすい場所に設置してください。
  • 転倒しないようにしてください。

廃棄方法

不用となった消火器を廃棄する場合は、リサイクルシール(有料)が必要となります。 廃棄方法について、詳しくは一般社団法人日本消火器工業会が作成した消火器リサイクルのリーフレットをご覧ください。

下のリーフレットをクリックすると、PDFファイルでより大きく表示されます。