このページの本文へ移動
東京消防庁安全・安心トピックス>119番通報のしくみ 
あなたを守る119

119番自動通報制度

 東京都内(稲城市、島しょ地区を除く)で119番をかけると、23区内は千代田区大手町にある災害救急情報センターに、多摩地区は立川市にある多摩災害救急情報センターにつながります。
(携帯電話やPHSの場合は、場所によっては近隣の他の消防本部につながることがあります。)

 

火 災

通報:火災

救 急

通報:救急

 

↓ 通 報  ↓



























災害救急情報センター

119番の通報を受け、消防車や救急車などを出場指令したり、コントロールするところです。



























↓ 出場指令

消防署・出張所

消防署・出張所

↓ 出 場  ↓

火災現場

火災現場 火災現場

救急現場

救急現場 救急現場

火災・救助・救急は119番

通報はあわてず早く正確に!!

<火災の場合>

東京消防庁の問いかけ 通報者の通報内容
消防庁、火事ですか、救急ですか。 火事です。
何区(市)、何町、何丁目、何番、何号ですか。 千代田区大手町1丁目3番5号の東消ビルです。
何が燃えていますか。 3階事務室が燃えています。
はい、判りました。

<救急の場合>

東京消防庁の問いかけ 通報者の通報内容
消防庁、火事ですか、救急ですか。 救急です。
何区(市)、何町、何丁目、何番、何号ですか。 千代田区大手町1丁目3番5号の東消ビルの前です。
どうしましたか。 交通事故です。
(「はさまれている」等、
できるだけ内容を具体的に言って下さい。)
よろしければあなたのお名前と電話番号を教えて下さい。 ○○です。
電話番号は、3212−××××です。
はい、判りました。

電話の種類によって119番の掛け方が違います。

公衆電話からの119番通報

緊急通報用ボタン付<緑色>

受話器を上げて、緊急通報用ボタンを押し、119番をダイヤルする。
(10円・100円玉、カードを入れて、119番をダイヤルしても通話可能。)

公衆電話:緊急通報用ボタン付<緑色>

緊急通報用ボタンが電話機にないもの
デジタル公衆<灰色>

受話器を上げて、119番をダイヤルする。
(10円・100円玉、カードを入れて、119番をダイヤルしても通話可能。)

公衆電話:デジタル公衆<灰色>

緊急通話装置がないもの<ピンク色>

店の人に申し出て、カギで切り替え、119番をダイヤルする。
(カギで切り替えずに10円玉を入れて、119番をダイヤルすると片側通話になり、119番には聞こえない。)

公衆電話:<ピンク色>

会社など事業所からの119番通報

ビジネスホン型式

外線のボタンを押して、プーという発信音を確認してから119番をまわす。

ビジネスホン型式
構内交換機がある場合
内線から直接外線にかけられるもの

  加入電話接続専用ダイヤルをして発信音を確認してから119番をまわす。(例−0発信)

内線から直接外線へかけられないもの

  内線から電話交換手を呼び出し、119番の接続、通話を依頼する。
(会社、事務所では電話による通報のしかたを徹底しておく。)

構内交換機

家庭からの119番通報

一般家庭用電話

  局番なし119番をまわす。

ホームテレホン

  外線のボタンを押して、プーという発信音を確認してから119番をまわす。

親子電話

  使う電話でプーという発信音を確認してから119番をダイヤルする。

家庭用電話

移動電話からの119番通報

 携帯電話、PHSなどの移動電話は著しい加入者の増加で、国民2人に1人が持つというほど普及しており、移動電話からの119番通報が急速に増加しています。
しかし、移動電話は通報者が今いる場所が分からない場合が多く、災害発生場所を聴取するのに時間がかかる傾向があります。
このことから、携帯電話やPHSから通報する場合は、付近の目標となる建物や住居表示板等に表示されている所在を確認して通報して下さい。

□ 携帯電話やPHSでの通報要領 □

  • 所在・目標を確かめてから通報しましょう。
  • 運転中に通報する場合は、安全な場所に一旦停車してから通報しましょう。
  • 災害救急情報センター(119番受付場所)から呼び出すことがありますので、通報後10分間程度は電話の電源を切らないようにしましょう。
  • 電話番号はすぐ言えるようにしておきましょう。
  • PHSの場合、移動しながら通報すると通話が切れてしまうことがありますので、いったん止まってから通報しましょう。
  • 携帯電話やPHSは、地下街やトンネル等からは、かかりにくくなる場合があります。
  • 近くに加入電話などがあれば、なるべくその電話を利用しましょう。
  • 高速道路の場合は、路線名や、上り、下り等の車線を確認してから通報しましょう。

119番ファクシミリ通報ご利用案内

 119番ファクシミリ通報は、ファクシミリから「119」をダイヤルし、送信することで緊急通報を行うものです。事前登録等の必要はなく、電話での119番通報が困難な場合などに利用できます。

ファクシミリ通報の記載事項、1火災・救急の別、2住所・建物名称、3氏名、4年齢、5どうしたのか?どこが痛いのか?何がもえているのか?。通報方法は、1用紙をセットする、2局番なし119番をダイヤルする。3送信ボタンを押す。

※救急要請等の場合は、東京消防庁から折り返し確認のファックスをします。
ただし、火災通報の場合は、原則として、折り返しの連絡はしません。


  • あわてずにファクシミリ通報ができるように、普段から119番ファクシミリ通報用紙等に必要事項(住所、氏名など)をあらかじめ記入しておき、準備しておくことが大切です。
  • ファックス機へ用紙を入れる際には、読み取る面を確認してから用紙をセットしてください。緊急時はあわててしまい、裏、表が反対に送信され、未記載の面が送信されるケースがあります。119番ファクシミリ通報用紙は両面印刷となっています。あらかじめ、住所、氏名等を両面に記載しておきましょう。
  • 近くに電話(119番通報)ができる方がいる場合は、その方に通報依頼をすることも有効な手段のひとつです。
  • 携帯電話などからウェブ機能を利用して通報ができる「緊急ネット通報」もあります。
    緊急ネット通報について、詳しくはこちら 緊急ネット通報:ご案内
PDF PDFファイルをご覧になるには、"Adobe Acrobat Reader"(フリー)がインストールされている必要があります。

消防テレホンサービス

目次に戻る
用紙をセットする。→局番なし119番する。→送信を押す。 用紙をセットする。→局番なし119番する。→送信を押す。