このページの本文へ移動
東京消防庁安全・安心情報事業所向けアドバイス>訪問業者による悪質な点検・販売・リース契約 

訪問業者による悪質な点検・販売・リース契約

突然家や事業所に訪問し、消防用設備の点検・販売・リースの内容を十分に説明せずに強引に作業を行い、料金を請求される被害が発生しています。被害事例としてスーパー、工場、マンション等消火器の設置本数が多い建物に被害が相次いでいますのでご注意ください。

こんな建物は注意!!

被害の多い事例

  • 消火器の設置本数が多い建物
  • 自宅の敷地にアパートを所有している一軒家
    (日中家に一人でいる時間帯に被害に合うことが多いです。)

こんな手口に注意!!

悪徳業者の手口

1.出入りの点検業者を装う

「○○日、消火器の点検に伺います」
「アパートに設置してある消火器が古いので交換します。」
「いま、○○店にいますが、○時頃、そちらの点検に行きます」
などと、出入りの点検業者を巧妙に装い、関係者を信頼させます。

2.勝手に作業してしまう。

  • いつもの業者でないことに気づく前に消火器を事業所の外へ運び出してしまう。
  • 建物に設置してある漏電火災警報器の機器を勝手に交換してしまう。

3.契約書に署名を求める

  • 心地よい言葉で勧誘してきたり、有無を言わせないで契約させようとする。
  • 窓口で「消防用設備点検等契約書」に署名、押印を求める。この場合、出入りの点検業者と勘違いしているため、契約書の内容を確認せず署名、押印してしまう。
  • 出入りの点検業者と関係ないことや、点検等の理由づけが書類にいつの間にか記入され、一見、合法的な契約書になっている。
  • 消火器の売買又はリース契約を強引に結ぶ。契約書にサインするまで、玄関に居座り、帰らない。

4.代金を請求する

  • 頃合いをみて請求書を提出して支払いを求める。
  • 勘違いにより点検を依頼した旨を告げると「契約書」を示し、合法的な契約であることを主張する。 クーリングオフにも応じない。

5.脅迫する 、返還を拒否する。

  • 「会社の営業ができないようにしてやる。」 、「家族に災難がかかるかもしれない。」などと、脅迫的な言動で支払いを要求する。
  • 「支払するまで、消火器を保管する。」と言って消火器を返還しない。

トラブル防止のポイント

  1. 業者が訪問し、出入りの業者(契約業者)を名乗った場合は、社員証等により、出入りの業者であるかどうか必ず確認して下さい。
  2. 防火管理者又は防火の責任者に連絡し、直近の点検状況を確認(点検済であるかどうか)して下さい。
  3. 契約書等に署名・押印する前に、必ず記載内容の確認を行って下さい。 契約内容について説明を求めたときに、詳細に説明できない、早口でごまかそうとする業者の場合はきっぱりと契約を断って下さい。時間を空けてもう一度考えると、おかしな点に気付くことがあります。
  4. 安易に代金をその場で支払わないで下さい。 金額が高額だと感じる場合は他の業者にも見積もりを依頼することが大切です。
  5. 消火器の機能点検や薬剤の詰替えには、防火管理者等が必ず立ち会い、点検の内容を確認して下さい。
  6. 消火器の点検や詰替えのため、業者が消火器を持ち帰る場合は、必ず代替えの消火器を設置させて下さい。
  7. 悪質な消火器業者の来訪に注意するよう、普段から社員や従業員に周知徹底して下さい。
  8. 業者を不審に思った場合は、直ちに最寄りの消防署に連絡して相談して下さい。

被害にあったら

勝手に消火器を持ち帰られたり、被害にあった場合は、速やかに最寄りの消防署、分署、出張所へ相談して下さい。 契約及び金額等については、最寄りの消費生活センターへ問合わせ下さい。

「訪問点検にご注意!」のちらし(PDF形式)がダウンロード出来ます。

  • <事業所用>
  • <一般者用>
Adobe Acrobat Reader」をインストールしていない方は、Adobe社のウェブサイトでファイルをダウンロードし、インストールをしてください。インストール方法はAdobe社のサイトで説明されています。



   目次に戻る