このページの本文へ移動

東京消防庁東京消防庁電子学習室目次>命を守る

東京消防庁 電子学習室 「命を守る」

人が突然倒れ、反応がなく、普段通りの呼吸をしていません。心肺そ生を行っていたところ、AEDの搬送がされてきました。あなたの行動で正しいのはどちらですか? AEDを使用してはいけない AEDを使用する
不正解
正解
×残念! 救命の現場に居合わせた市民は、誰でもAEDを使用することができます。
◎正解! 救命の現場に居合わせた市民は、誰でもAEDを使用することができます。
@AEDの到着 協力者がいる場合は、胸骨圧迫をできるだけ続けながら、AEDを準備しましょう。
A電源を入れる 直ちに電源を入れます。ふたを開けると自動的に電源を入れる機種もあります。以後は、AEDのメッセージ通りに行動します。
B電極パッドを選択する 成人には、成人用電極パッドを使用します。おおよそ6歳までの子供には、小児用電極パッドを使います。小児用電極パッドがない場合には、成人用電極パッドを代用します。
C電極パッドを貼り付ける 電極パッドを貼り付ける場合は、電極パッドを絵で描かれています。
電極パッドを貼り付けると、除細動(電気ショック)が必要か、AED自動的に解析します。解析中の行動で正しいのはどちらでしょうか? 倒れている人やAEDには触れない 胸骨圧迫を行う
正解
不正解
◎正解! 解析中は、倒れた人やAEDに触れてはいけません。しっかりとAEDのメッセージを聞いて、メッセージに従うことが大切です。
×残念! 解析中は、倒れた人やAEDに触れてはいけません。しっかりとAEDのメッセージを聞いて、メッセージに従うことが大切です。
D通電ボタンを押す 除細動(電気ショック)が必要かどうかはAEDが判断します。人によっては、除細動が必要でない場合もあります。AEDのメッセージに従って行動してください。
E心肺そ生を再開する。AEDのメッセージに従って、直ちに胸骨圧迫から心肺そ生を介します。
「除細動(電気ショック)は必要ありません」とAEDのメッセージが流れ、倒れた人に目的のある仕草や普段通りの呼吸が出現しました。救急隊が到着するまでAEDはどうしますか? 電源を切り、電極パッドをはがす 電源は切らず、電極パッドは貼ったままでいる
不正解
正解
×残念! 回復しても、また症状が悪化して除細動(電気ショック)が必要な状態になってしまうかもしれません。AEDの電源は切らず、電極パッドは貼りつけたままの状態でいてください。
◎正解! 回復しても、また症状が悪化して除細動(電気ショック)が必要な状態になってしまうかもしれません。AEDの電源は切らず、電極パッドは貼りつけたままの状態でいてください。
AEDが解析して「除細動(電気ショック)は必要がありません」とメッセージが流れました。しかし、まったく動かず、普段通りの呼吸もしていません。正しいのはどちらだと思いますか? 心肺そ生を継続する 心肺そ生を中止して気道確保を継続する
正解
不正解
◎正解! まったく動かず、普段どおりの呼吸がなければ心肺そ生を継続して下さい。心肺そ生は、絶え間ない胸骨圧迫が連続して行われることが重要です。
×残念! まったく動かず、普段どおりの呼吸がなければ心肺そ生を継続して下さい。心肺そ生は、絶え間ない胸骨圧迫が連続して行われることが重要です。

戻る

次へ