このページの本文へ移動
東京消防庁安全・安心情報事業所向けアドバイス>危険物の規制に関する規則等の一部改正について

危険物の規制に関する規則等の一部改正について

●改正概要等

近年の危険物施設における流出事故件数の増加傾向を背景として、地下貯蔵タンクの流出事故防止対策を図ること等を目的に、危険物の規制に関する規則(昭和34年総理府令第55号)等の一部が平成22年6月に改正されました。

改正の概要は、地盤面下に直接埋設された鋼製一重殻地下貯蔵タンクについて、埋設年数、設計板厚等に応じて腐食のおそれが@「特に高いもの」とA「高いもの」を規定し、所要の流出防止対策を講ずることとするものです。(公布日:平成22年6月28日、施行日:平成23年2月1日(ただし、平成25年1月31日までの間は従前の例によることとされています。))

なお、ご不明な点については、お近くの消防署までお問合せ下さい。


鋼製一重殻地下貯蔵タンク(直接埋設)に講ずる流出防止対策等

○ 腐食のおそれの特に高い地下貯蔵タンク

設置年数 塗覆装の種類 設計板厚
50年以上のもの アスファルト 全ての設計板厚
モルタル 8.0ミリメートル未満
エポキシ樹脂等 6.0ミリメートル未満
強化プラスチック 4.5ミリメートル未満
40年以上
50年未満のもの
アスファルト 4.5ミリメートル未満
↓
危険物の漏れを防止する措置
○ FRP内面ライニング

FRP内面ライニング 地下貯蔵タンクの腐食により生じた欠損をクリーニング後に、タンクの内面にFRP層を形成することにより補うもの。施工方法にはハンドレイアップ法、紫外線硬化樹脂貼付法などがある。




又は(選択可)
○ 電気防食

地下貯蔵タンクや地下埋設配管などの防食対象物に、人為的に継続して直流電流(防食電流)を流すことで、電気的化学反応である腐食を防止するもの。電気防食には流電陽極法、外部電源法(下図)などがある。

電気防食

○ 腐食のおそれの高い地下貯蔵タンク

設置年数 塗覆装の種類 設計板厚
50年以上のもの モルタル 8.0ミリメートル以上
エポキシ樹脂等 6.0ミリメートル以上
強化プラスチック 4.5ミリメートル以上12.0ミリメートル未満
40年以上
50年未満のもの
アスファルト 4.5ミリメートル以上(※)
モルタル 6.0ミリメートル未満(※)
エポキシ樹脂等 4.5ミリメートル未満(※)
強化プラスチック 4.5ミリメートル未満(※)
30年以上
40年未満のもの
アスファルト 6.0ミリメートル未満(※)
モルタル 4.5ミリメートル未満(※)
20年以上
30年未満のもの
アスファルト 4.5ミリメートル未満(※)

  ※設置年数を経ることにより、腐食のおそれが特に高いタンクになる。

↓↓
 
危険物の漏れを早期に検知する設備を設置する措置
高精度液面計○ 高精度液面計

設置したセンサーで常時監視し、0.3ミリメートル以下の穴からの微少な漏れを検知するもの。(ただし、FRP内面ライニング又は電気防食を実施したものは除く。

●注意すべき事項について

腐食のおそれの高い地下貯蔵タンクとして、危険物の漏れを早期に検知する設備(高精度液面計)を設置した場合であっても、その後、腐食のおそれの特に高い地下貯蔵タンクに該当した時点で、危険物の漏れを防止する措置であるFRP内面ライニング又は電気防食が必要となります。
→設置年数、予定使用年数を踏まえた対応を検討していただく必要があります。

問合せ先
予防部危険物課貯蔵取扱規制係




インフォメーション目次に戻る