東京消防庁インフォメーション知っていますか?こんな場所での火気使用規制 禁止行為と解除承認>禁止行為 

知っていますか?こんな場所での火気使用規制
禁止行為と解除承認

禁止行為とは?

 劇場や百貨店などの大勢の人で混雑する場所では、火災が起きると大きな災害になってしまいます。東京消防庁では、火災予防条例第23条において、不特定多数の人が出入りする場所での火気の使用などを規制しています。

イラスト:禁止行為

火気の使用等の規制をしている場所は?

 劇場 百貨店 屋内展示場 飲食店 スタジオ ホテル 地下街 重要文化財 駐車場 高さ100m以上の建築物 駅舎・空港 などです。

イラスト:「指定場所」

 火気の使用等を禁止している場所を「指定場所」といいます。

 常設のものばかりではなく、倉庫を一時的に劇場として使用するなど一時的に禁止される用途となる場合にも、禁止されます。

禁止している行為は?

 指定場所では次の3つの行為を禁止しています。

イラスト:「喫煙」 イラスト:「裸火の使用」 イラスト:「危険物品の持込み」

「喫煙」

「裸火の使用」

「危険物品の持込み」

 これらの行為を「禁止行為」と呼んでいます。

喫煙とは?

 マッチ、ライター等で点火し喫煙する一連の行為をいいます。

イラスト:「喫煙」

裸火の使用とは?

 「炎」、「火花」又は「発熱部を外部に露出した状態で使用するもの」をいいます。
 火気使用設備器具のうち裸火に該当するかどうかは次表により判断します。

熱源

裸火に該当するもの

裸火に該当しないもの

気体燃料
(都市ガス,液化ガスなど)

右欄のようなものを除くすべてのもの

イラスト:裸火に該当するもの

直接屋外から空気を取り入れ、かつ、排ガスその他の生成物を直接屋外に排出する密閉式燃焼設備器具(FF型等)

液体燃料
(灯油,重油など)

固体燃料
(石炭,木炭など)

電気

・通常の使用状態で目視した時、赤熱して見える発熱部が外部に露出しているもの
・外部に露出した発熱部で、可燃物が触れた場合に瞬時に着火するおそれのあるもの
(発熱部の表面温度がおおむね400℃以上のもの)

発熱部が焼室、風道又は庫内に面しているもの(トースター、ヘアドライヤー、電気オーブン等)

イラスト:裸火に該当しないもの

危険物品とは?

 火災発生の原因となり、また、火災を拡大させる危険性が高い次のようなものをいいます。

消防法で定める危険物

可燃性ガス

可燃性液体類・
可燃性固体類

火薬類

イラスト:消防法で定める危険物

イラスト:可燃性ガス

イラスト:可燃性液体類・可燃性固体類

イラスト:火薬類

指定場所の管理者等の任務は?

標識の設置

 禁止される行為に応じて、次のような標識を、建物の入口など見やすい箇所に設置しなければなりません。

写真:標識 写真:標識 写真:標識 写真:標識

喫煙の管理

 指定場所を有する防火対象物の関係者は、喫煙を全面的に禁止するか、又は、適当な数の吸殻容器を設けた喫煙所を設け、喫煙できることとするかのいずれかを選択できます。

イラスト:喫煙の管理
喫煙所を設置するか否かを指定場所を有する防火対象物の関係者が選択
↓
喫煙を全面的に禁止する場合
↓
喫煙所を設置する場合
喫煙を全面的に禁止した場合の
火災予防上必要な措置
* 喫煙を禁止する旨の標識の設置
* 定期的な館内巡視
* 全面的に禁煙である旨の定期的な館内一斉放送 等
喫煙所を設置した場合の
火災予防上必要な措置

* 喫煙所である旨の標識の設置
* 避難上支障とならない場所への適当な吸殻容器の設置
* 周囲の可燃物から必要な距離の確保 等
イラスト:喫煙を禁止する旨の標識例

喫煙を禁止する旨の標識例

写真:喫煙所の標識

喫煙所の標識

禁止行為の違反者を制止する

 指定場所の関係者は、禁止されている行為を行っている人がいたら、止めさせなければなりません。なお、関係者は、建物内で行われている行為を常に把握し、禁止行為が行われることのないよう、館内放送等をとおして、常にお客様等に呼びかけておくことが大切です。

イラスト:禁止行為の違反者を制止する

詳細については、各消防署・予防課にご相談ください。
※当内容については東京消防庁管内において適用されるものです。