このページの本文へ移動
東京消防庁牛込消防署お知らせ>終了した行事

終了した行事

令和元年10月30日現在


日時/行事名/場所 概要 写真
令和元年10月20日(日)
10時00分から11時30分まで
令和元年度
新宿区消防団点検

総務省第二庁舎
(新宿区若松町19番1号)
 「新宿区消防団点検」は消防総監が新宿区内の消防団の災害対応能力及び士気の確認を目的として、年1回実施するものです。
 新宿区内3消防団が参加し、部隊検閲、消防操練、活動紹介、災害活動を実施し、日ごろの訓練成果を地域の方々にもご覧いただける機会となりました。
令和元年9月13日(金)
自衛消防訓練審査会
牛込消防署裏庭
 牛込消防署管内にある事業所から合計15隊の自衛消防隊が参加し、自衛消防審査会が開催されました。
 参加者からは、防火防災に努めるだけでなく、いざ災害が発生した際には今回の訓練を活かしたいとの声が聞こえました。
令和元年9月2日(月)
防衛省において
自衛消防訓練と合同
消防演習

牛込消防署
 新宿区市谷本村町にある防衛省の庁舎で自衛消防訓練と合同で消防演習を実施しました。
 自衛消防訓練には様々な部署の職員が参加し、応急救護訓練では日頃顔を合わせない職員同士で連携し、訓練を実施していました。
令和元年8月24日(土)
第69回
はたらく消防の写生会
表彰式

牛込消防署
 今年度実施された第69回はたらく消防の写生会に参加し、優秀賞を受賞した牛込管内の児童・生徒に表彰式を実施しました。
 また、受賞者及びそのご家族等には初期消火や応急救護の方法について学んでいただきました。
令和元年7月30日(火)・31日(水)
消防機械器具
点検整備技術効果確認

牛込消防署裏庭
 消防隊や救急隊は、災害活動や救急活動で使用する車両や資器材を毎日点検し、いざ災害に出場した際に有効に活用するために備えています。
 効果確認では消防隊が火災で使用する頻度の高い資器材3種類と車両に限定し、日頃の点検が適切に行われているか、消防隊の連携がとれているかなどの確認が行われました。
令和元年7月19日(金)
警視庁と合同
救命ボート取扱い訓練

市兵衛河岸船着き場付近神田川
 水難救助活動や水害活動などで使用する救命ボートを使用し、警視庁と合同の取扱い訓練を実施しました。
令和元年5月24日(金)・6月7日(金)
消防活動技術効果確認
牛込消防署裏庭
 牛込消防署の消防隊は、基本に忠実かつ1件ずつ異なる災害への対応を可能にするため、日頃から訓練を実施し、各部切磋琢磨しています。
令和元年6月10日(月)
危険物安全週間に伴う
消防演習

外堀公園
大規模下水道貯蔵施設工事現場
 6月2日から6月8日まで実施された危険物安全週間に合わせ、小規模少量危険物貯蔵所となっている大規模下水道貯蔵施設工事現場(シールド工法)において、自衛消防隊と連携した消防演習を実施しました。
令和元年6月2日(土)
令和元年度牛込消防団
消防操法大会

総務省統計局
  牛込消防団が年に1度、日頃の訓練成果を分団ごとに競う、ポンプ操法大会が実施されました。
 優勝
  可搬ポンプ操法の部 第四分団
  応急救護の部     第一分団
 
令和元年5月21日(月)
救急活動効果確認
牛込消防署
  牛込救急小隊がPA連携などで救急活動を共に行う消防隊と連携した訓練を行う、救急活動効果確認を実施しました。
 救急隊は1日の半分以上を救急活動で出場し、消防署に不在の時間が多い中、日々知識や技術の向上に努めています。
令和元年5月17日(土)
新宿区・第四方面
合同総合水防訓練

聖徳絵画記念館
 新宿区及び牛込消防署をはじめとした新宿区内・中野区内・杉並区内の全7消防署、新宿区内の牛込消防団ほか2団等が合同で、台風や局地的豪雨の機会が増える時期を目前に、水防訓練を実施しました。

↑このページのトップへ戻る