このページの本文へ移動
東京消防庁立川消防署消防団・女性防火の会・災害時支援ボランティア

消防団・女性防火の会・災害時支援ボランティア

消防団

消防団員の皆さんは、自分の仕事を持つかたわら、災害が発生した時には、現場に駆けつけ、消防職員と連携して災害活動にあたります。また、地域の方々を指導する防災リーダーとしての役割も担っています。

また、地域の細かな情報を持つ消防団員の方々は、いろいろな職業に従事しており、様々な技術や知識を有しているため、大規模な火災・地震・洪水などの大災害発生時に大きな活躍が期待されています。

立川市消防団

立川市消防団は、現在172名で活動しており、第1分団から第10分団までの10個分団で活動しています。

活動の様子

立川市消防団紹介写真1 立川市消防団紹介写真2 立川市消防団紹介写真3 立川市消防団紹介写真4

国立市消防団

国立市消防団は、現在123名で活動しており、第1分団から第6分団までの6個分団で活動しています。

活動の様子

国立市消防団紹介写真1 国立市消防団紹介写真2 国立市消防団紹介写真3 国立市消防団紹介写真4

立川・国立女性防火の会

立川・国立女性防火の会

立川・国立女性防火の会は、家庭の「防火防災のかなめ」として、女性の力で防災に関する知識や技術の習得・普及に努めています。現在立川女性防火の会には169名、国立女性防火の会には70名の方がそれぞれ登録しており、防災訓練などの行事に積極的に参加しています。

活動の様子

女性防火の会紹介写真1 女性防火の会紹介写真2 女性防火の会紹介写真3 女性防火の会紹介写真4

平成28年度 立川・国立女性防火の会活動内容

(立川女性防火の会と、国立女性防火の会は、行事内容によっては別々の日に活動しています。)

5月 役員会 10・11月 防災技術体験会参加
6月 総会 11月 秋の火災予防運動(巡回広報など)
8・9月 防災訓練・各市総合防災訓練に参加 2月 役員会
10月 視察研修会(施設見学) 3月 春の火災予防運動(巡回広報など)
10月 普通救命講習 3月 立川消防フェア(防火防災普及活動)
10月 女性防火組織幹部研修会  

災害時支援ボランティア

立川消防署では、災害時支援ボランティアを募集しています!興味のある方は、立川消防署防災安全係まで!

立川消防署災害時支援ボランティア

立川消防署災害時支援ボランティアは、立川・国立市内に居住・通勤する15歳以上の健康な方で、震災時に消防に対する支援活動を行う意志のある方が登録しています。現在213名の方が登録しています。

活動の様子

ボランティア紹介写真1 ボランティア紹介写真2 ボランティア紹介写真3 ボランティア紹介写真4

東京消防庁災害時支援ボランティアと一般ボランティア

東京消防庁災害時支援ボランティアと、一般のボランティアとでは、その活動上で大きな違いがあります。

一般のボランティアの多くは、被災地に設置されたボランティアセンター等の指導のもと、避難所運営のサポートや被災者の身近なケアをメインとしています。

一方、東京消防庁災害時支援ボランティアは、震度6以上の地震、その他大規模災害の発生の直後から、消防隊とともに応急救護活動や、人命救助、消火活動などの現場活動の支援にあたります。

東京消防庁災害時支援ボランティア   東京消防庁災害時支援ボランティア

↑このページのトップへ戻る