このページの本文へ移動
東京消防庁立川消防署新着情報

新着情報

平成29年度三市二署合同水防訓練が行われました。

平成29年5月21日(日)、立川市・昭島市・国立市と立川消防署、昭島消防署合同で水防訓練が行われました。 多摩川河川敷において、250名が参加し、積み土のう工法や月の輪工法など6種類の水防工法と、河川の増水により中洲に取り残された人の救助活動など、実践的な訓練が行われました。
 台風や集中豪雨による災害が多くなる時期に備え、「自分たちの町は自分たちで守る!」を合言葉に、消防職員および消防団員、消防少年団、災害時支援ボランティア、女性防火の会、地域の方々が連携し、汗を流しながら作業する姿が印象的でした。
 

錦町こども祭りが行われました。

 ゴールデンウィーク5月5日こどもの日に、JRAウインズ立川で、錦町こども祭りが開催されました。  
 こども用防火服をまとって、気分はちびっこ消防士!防火服体験をしたちびっこ消防士からは「消防士みたいでかっこいい。」「今度は、消防車を近くで見てみたいな。」との声が寄せられました。子どもたちが楽しみながら防火防災意識を培う、大変良い機会になりました。

平成29年度立川消防少年団入団式が行われました。

  平成29年4月16日(日)、平成29年度立川消防少年団入団式が行われました。
  多数のご来賓や保護者、在団員が拍手で迎える中、9名の新入団員が元気に入場し、入団承認証が授与された後在団員から訓練用ロープの贈呈を受けました。
  立川消防少年団は9名の新しい仲間を迎え、総勢50名で今年度も元気に活動していきます。
  なお、立川消防少年団では、一緒に少年団活動をしていく仲間を募集しています。
  詳しくは、立川消防署警防課042−526−0119(内線322)までお問い合わせ下さい。

第40回くにたちさくらフェスティバルで広報活動を実施しました。

 平成29年4月1日(土)2日(日)と、国立市谷保第三公園で第40回くにたちさくらフェスティバルが開催され、約3000名の方が参加されました。
 会場では、消防コーナーを設け、地震体験やはしご車の搭乗体験など広報活動を行い、たくさんの方に体験していただきました。
 みなさま、ご来場いただきありがとうございました。

立川消防フェア2017を開催しました。

 平成29年3月4日(土)、東京消防庁第八消防方面訓練場と立川防災館において、「立川消防フェア2017」を開催し、約2,000名が来場しました。
 会場では、消防ヘリや消防車両の展示のほか、煙や地震の揺れを体験したり、はしご車やロープ渡りでちびっこ消防隊になりきったりと、多くの家族連れや消防ファンでにぎわいました。
 最後に行われた消防演習では、多摩直下地震による大規模災害を想定、消防部隊と地域の防災組織の力を結集した実践さながらの消防活動を行いました。
 たくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました。

JR国立駅で広報活動を行いました。

平成29年2月23日(木)は、JR国立駅で広報活動を行い、国立駅を利用する方に、火災予防を呼びかけました。
東京消防庁管内では、火災件数の4分の1以上が電気火災となっており、「電気ストーブ」「差し込みプラグ」「コード」火災が多く発生しています。ご注意ください。
 

JR立川駅で広報活動を行いました。

平成29年2月22日(水)、JR立川駅で広報活動を行いました。
3月1日(水)から7日(火)まで行われる、春の火災予防運動を前に行ったもので、立川駅を利用する方に、住宅防火や住宅用火災警報器の維持管理などを呼びかけました。
東京消防庁マスコットのキュータも応援に駆けつけ、子供たちにも火災予防を呼びかけました。
 

ららぽーと立川立飛の防災イベントで消防広報を行いました。

平成29年2月18日(土)、ららぽーと立川立飛で行われた「第6回&EARTH 災害に負けない知識を学ぼう!」で広報活動を行いました。
広報コーナーでは、出火防止、家具類の転倒・落下・移動防止対策、救急車の適正利用などを呼びかけました。また、体験コーナーでは、煙体験や応急手当、初期消火などを行い、来場された多くの方に体験していただきました。
 

国立市の青柳稲荷神社で防災訓練を行いました。

平成29年1月26日(木)、文化財防火デーに伴い、青柳稲荷神社で防災訓練を行いました。
この防災訓練は、神社から火災が発生したことを想定し、文化財の持ち出しや初期消火など、神社関係者と市民消火隊、国立市消防団の皆さんが参加して、スタンドパイプを活用した訓練を行いました。
地域の方々がスタンドパイプの使い方を確認し、地域の防災力の向上を図りました。
 

立川市役所で消防演習を行いました。

平成29年1月24日(火)、立川市役所において消防演習を行いました。
この消防演習では、地震が発生、建物内でケガ人が発生し、さらに建物2階から火災が発生した想定で行われ、立川市役所職員と自衛消防隊、消防職員約300名が参加しました。
立川市役所自衛消防隊による、迅速な消火活動や避難誘導が印象的でした。
 


↑このページのトップへ戻る