このページの本文へ移動
東京消防庁立川消防署お知らせ

お知らせ


飲食店の火災が発生しています!

『厨房機器の取扱い』や『たばこの吸い殻の管理』を徹底しましょう!

   立川消防署管内では、飲食店の火災が続いて発生しています。
火災発生の理由として、厨房機器の取扱いや、たばこの吸殻の管理がその一因となっています。
 
  【厨房機器の取扱い】
 ●コンロ、レンジ等の周りには、可燃物を置かない
 ●コンロ、レンジ等はこまめに清掃する
 ●調理中は火の元を離れない

 【たばこの吸い殻の管理】
 ●たばこの吸い殻は、水を入れたバケツ等に入れて、完全に消してから捨てましょう。

 
 <詳しくはこちら>


防災訓練に参加しましょう

4月14日に熊本県で発生した大きな地震では、建物が倒壊し多くの犠牲者が発生しました。
地震に対する備えはもとより、日頃から防火防災への意識を高めるためにも、地域で行われる防災訓練に参加して、災害に備えましょう。

【10ミニッツ防災訓練】
 立川消防署では、短時間かつ少人数でも実施できる「10ミニッツ防災訓練」を推進しています。
 地域の皆さまが希望される場所に、消防職員が出向いて訓練用消火器による消火訓練をメインとした訓練を行います。
 お一人でも構いませんので、ご希望の方は、ぜひ消防署にご相談ください。

 お問合せ:立川消防署警防課地域防災担当 042-526-0119(内線321)


救命講習のご案内

立川消防署では、心肺蘇生法やAED、異物除去、止血法などを学ぶ普通救命講習(3時間コース)を行っています。

大切な人やあなたのご家族を守るため、知識と技術を身につけましょう。

普通救命講習 3時間コースの実施予定日
講習日 講習時間 講習会場 募集人員 受付開始日
平成28年4月13日(水) 9:00〜12:00 立川消防署 20名 3月1日〜
平成28年5月28日(土) 9:00〜12:00 くにたち福祉会館 20名 4月1日〜
平成28年6月22日(水) 9:00〜12:00 錦町出張所 20名 5月1日〜
平成28年7月16日(土) 9:00〜12:00 立川消防署 20名 6月1日〜
平成28年8月24日(水) 9:00〜12:00 くにたち福祉会館 20名 7月1日〜
 平成28年9月17日(土) 9:00〜12:00 立川消防署  20名 8月1日〜
平成28年10月15日(土) 9:00〜12:00 くにたち福祉会館 20名 9月1日〜
 平成28年11月16日(水)  9:00〜12:00  錦町出張所 20名 10月1日〜
 平成28年12月10日(土) 9:00〜12:00 立川消防署 20名 11月1日〜
平成29年1月21日(土) 9:00〜12:00 くにたち福祉会館  20名 12月1日〜
平成29年2月15日(水) 9:00〜12:00 錦町出張所 20名 1月1日〜
平成29年3月18日(土) 9:00〜12:00 立川消防署 20名 2月1日〜

講習申し込み 立川消防署・救急係 電話042−526−0119

<注意事項> 必ずお読みください!

ガステーブル等による着衣着火の火災に注意!

過去10年間にガステーブル等による着衣着火の火災が288件発生しています

  1. 受傷する危険性が極めて高い!
    着ている衣服に火がつくことから、受傷する危険性が極めて高い火災です。
    着衣着火火災288件で19人の方が亡くなり、290人の方が火傷などを負っています。
  2. なぜ着ている衣服に火がつくの?
    調理中に次のような行動により衣服に火がついています。
    • ガステーブル等の奥にある調味料や調理器具などを取ろうとして
    • 調理しながらガステーブル本体や換気扇の掃除をしようとして
    • 三口こんろの手前で調理中、奥のこんろにかけた鍋をとろうとして  など
  3. 火災を防ぐために
    • 調理の際は防炎性能のあるエプロンやアームカバーなどを使用しましょう。
    • 火に近づきすぎないように、十分注意して調理しましょう。
    • 調理の時は、袖や裾が広がったゆったりした衣服の着用は避けましょう。ストールやマフラーは外しましょう。
    • 鍋等の底から火があふれ出ないように、適切な火力に調整しましょう。
    • ガステーブル等の奥には、調味料や調理器具を置かないようにしましょう。
    • 周囲の清掃など、調理以外の行動はしないようにしましょう。
  4. もし、火がついてしまったら
    • すぐにたたき消して水をかけるか、火のついた衣服を脱いで水をかけましょう。
    • 床に寝転がり、左右に転がることも有効です。
    • やけどをしてしまった場合は、無理に衣服を脱がず、服の上から水をかけましょう。

エアゾール式簡易消火具破裂事故に注意!

ヤマトプロテック株式会社製のエアゾール式簡易消火具の一部におきまして、製造工程上の不具合を原因とする内部腐食の進行により、大きな音をともなう破裂事故等が発生しています。対象商品をお持ちの方は、ヤマトプロテック株式会社 お客様相談窓口 0120−801−084へ連絡してください。

エアゾール式簡易消火具破裂事故に注意!

ダクト火災に注意!

レンジフード・換気扇や排気ダクトの清掃・メンテナンスを欠かさずに! 業務用厨房でガス機器等を使用する際には、レンジフード・換気扇や排気フードを長時間使用するため、油脂やほこりが短期間で溜まりやすく、汚れがひどくなるとCO(一酸化炭素)中毒事故や火災につながる危険性があります。日頃のお手入れや定期的なメンテナンスをきちんと行いましょう。

排気ダクトの維持管理を推進するリーフレット.pdf へのリンク

老朽化消火器の廃棄について

古い消火器による破裂事故が発生しています。変形・損傷・錆びなどがある消火器はむやみに触れず、廃消火器リサイクルシステムによる廃棄をお願いします。

メーカー名 電話番号
日本ドライケミカル株式会社 03-5767-3560
株式会社初田製作所 0120-822-306(フリーダイヤル)
株式会社丸山製作所 03-5600-9821
三津浜工業株式会社 03-3732-3641
宮田工業株式会社 0467-85-1210
株式会社モリタ 03-5777-5082
株式会社モリタユージー 03-5777-5075
ヤマトプロテック株式会社 0570-080-100(ナビダイヤル)
日進工業株式会社 03-3834-1055

住宅用火災警報器の悪質販売にご注意ください

住宅用火災警報器の義務化に便乗して、ご家庭へ訪問して販売や取り付けを行い、高額な代金を請求する悪質販売が発生しています。

→ 詳しくはこちらをクリック ←

あやしいと思ったら、その場で消防署に連絡を!


↑このページのトップへ戻る