このページの本文へ移動
東京消防庁玉川消防署地域の防火防災>消防団

玉川消防団

玉川のまちを守る消防団!

玉川消防団とは

玉川消防団は、昭和23年1月10日、9個分団、団員480名で発足、以来幾多の変遷を経て、現在は荒井壽夫団長以下、11個分団、団員262名で編成されています。

その間、都内における優秀消防団として、連続消防総監賞、消防庁長官賞、東京都知事賞、日本消防協会長賞、東京都消防協会長賞を受賞するなど、数々の栄誉に輝き、その優秀性を自負するに足る消防団として成長しました。

当団員は、郷土愛護の精神のもとに、生業のかたわら地域の防火・防災活動に従事するほか、応急救護や災害の予防・警戒等に昼夜を問わずして活動しています。平成23年の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)発生時には、いち早く1人暮らしの高齢者宅や災害時要援護者宅を訪問したり、地域の被害状況を視回ったりするなど、地域防災の担い手として、住民から大きな期待が寄せられています。

主な活動の紹介

1月 団始式、東京消防出初式
3月 春の火災予防運動消防演習
6月 世田谷区水防訓練・ポンプ操法訓練
9月 世田谷区総合防災訓練・桜新町ねぶたまつり消防特別警戒
10月 世田谷区たまがわ花火大会消防特別警戒・東京都消防操法大会・東京消防庁震災訓練
11月 世田谷区消防団合同点検・秋の火災予防運動消防演習・世田谷246ハーフマラソン・消防特別警戒
消防隊との連携訓練の写真 消防隊との連携訓練の写真

募集しています!玉川消防団員

玉川消防団では、団員が不足してます。玉川消防署管轄区域内に居住、または勤務している18歳以上の健康な方、あなたも地域のために消防団員となって活動してみませんか。
お問合せは玉川消防団事務局(玉川消防署内事務局03−3705−0119、内線320)まで


↑このページのトップへ戻る