このページの本文へ移動
東京消防庁多摩消防署消防署紹介>沿革

沿革

多摩消防署の歴史

昭和43年
(1968年)
4月1日

貝取1724番地に「多摩町消防本部 多摩町消防署」が設置され、職員18名、ポンプ車2台、救急車1台、広報車1台で消防事務を開始

  • 消防署の誕生
  • 消防庁舎とポンプ車
昭和46年
(1971年)
11月1日

市制施行により、名称が「多摩市消防本部 多摩消防署」に改称

  • 庁舎建設造成地
  • 庁舎建設工事(東側より望む)
昭和47年
(1972年)
3月21日
多摩消防署庁舎

多摩消防署新庁舎が現在の諏訪一丁目69番に完成。

貝取1724番地から移転し、事務開始

昭和50年
(1975年)
8月1日

消防に関する事務を東京都に委託、東京消防庁の73番目の消防署として「東京消防庁 多摩消防署」発足

  • 委託による事務開始
  • 開署式
平成3年
(1991年)
4月9日

多摩消防署初の出張所として、多摩センター出張所が、鶴牧1−27−1に完成し、職員29名、ポンプ車1台、救急車1台で消防事務を開始。(東京消防庁初のカタカナ名の出張所)

  • 出張所庁舎建設造成地
  • 多摩センター出張所庁舎
  • 落成式
平成4年
(1992年)
7月1日
高度処置救急隊運用開始式

高度処置救急隊運用開始

平成9年
(1997年)
4月1日
第95特別救助隊発足

第95特別救助隊(多摩特別救助隊)運用開始

平成17年
(2005年)
8月23日
特別消火中隊発足

多摩特別消火中隊発足

平成18年
(2006年)
4月1日
薬剤投与隊運用開始

多摩救急隊が薬剤投与隊として運用開始

平成22年
(2010年)
11月1日
東京DMAT連携隊運用開始

多摩1小隊が東京DMAT連携隊(日本医科大学多摩永山病院)として運用開始


↑このページのトップへ戻る