このページの本文へ移動
東京消防庁滝野川消防署>防火防災のお知らせ

お知らせ

火気を使用する露店等を開設する場合には消防署への届出等が必要です!

お祭りや縁日、花火大会など多くの人が集まる催しの場合

火気使用器具等を使用するときには消火器を備えましょう

※ 露店等の開設の届出はこちらの様式をご利用ください。

露店等の開設を届出しましょう

特に大規模な屋外催し(一日当たり10万人以上の人出が予想され、主催者が出店を認める露店等の数が100店舗以上のもの)を行う場合は、事前に防火担当者を決め火災予防上必要な業務に関する消防計画を作成し、消防署へ提出することになっています。
詳しくはこちらをご覧ください。(東京消防庁ホームページへ移動します。)

夏祭りや花火大会での火事を防ぎましょう!

火気使用器具を使うときには

夏になると花火大会や夏祭りなど多くの人が集まる楽しい催しがたくさん行われます。しかし多くの人が集まる催しで火災が起きると、大きな被害につながるおそれがあります。
楽しい夏の思い出を悲しいものにしないためにも、屋外でガスこんろなどの火気使用器具を使う場合は、次のことを必ず守りましょう。

(1)消火器を備えつけましょう!
錆びていたり、変形している消火器は使わないでください。

消火器

(2)カセットこんろより大きな鍋を載せたり、こんろを並べて使ったりしてはいけません!
ボンベが過熱されて爆発する危険性があります。

カセットこんろ

(3)ガス器具のホースはしっかり差し込み、バンドなどで締めましょう!

ガス器具のホース

(4)ガスボンベが転倒しないように固定しましょう!
転倒するとガスが漏れるなどの危険があります。

ガスボンベ

(5)器具の周りに段ボールなどの可燃物を置かないようにしましょう!
器具は不安定な状態で使わないでください。

器具の周りに段ボールなどの可燃物を置かないようにしましょう

↑このページのトップへ戻る