このページの本文へ移動
東京消防庁石神井消防署>新着情報
   事業所の安全は私たちが守る!
      〜平成29年度自衛消防訓練審査会を実施〜

 

10月13日(金)、都立石神井公園B地区野球場において、平成29年度自衛消防訓練審査会を実施し、管内29事業所の自衛消防隊が日頃の訓練成果を競いました。
 訓練は、1号消火栓の部、2号消火栓の部、女子隊の部の3部門で行われ、どの部門も指揮者と1番員の2名が「地震発生後、自動火災報知設備のベルが鳴動」との想定で館内放送、119番通報、消火器や屋内消火栓を活用した消火活動等、迅速、的確な自衛消防活動を行いました。
 当署管内は社会福祉施設が多く、毎年多くの施設が参加していますが、平成27年に設立した「石神井高齢者福祉施設等自衛消防連絡会」の会員施設の中からも数事業所が参加しました。また、参加隊を応援しようと見学に駆け付けた施設もありました。
 当日は、雨のため肌寒い天候でしたが、参加隊からは「審査会で訓練が終わるのではなく、今度は自分がスッタフに消防設備の使い方を教え、施設全体の自衛消防能力を高めたい。」との頼もしい声が聞かれました。







↑このページのトップへ戻る