このページの本文へ移動
東京消防庁石神井消防署>新着情報

〜石神井の歴史と文化を火災から守れ!〜

三宝寺で文化財防火デーに伴う消防演習を実施


 平成29年1月26日(木)、亀頂山三宝寺において文化財防火デーに伴う消防演習を実施しました。
 「三宝寺内、根本大塔東側の雑木林から火災が発生し、根本大塔に延焼危険がある。」との想定で演習が開始されると、寺院職員は119番通報や消火器による初期消火を行い、その後、駆け付けた池渕町会と石神井台東町会のみなさんや石神井災害時支援ボランティア、消防隊、石神井消防団が連携して消火活動や逃げ遅れた方の救助を行いました。
 当日は参拝者の他、約100人の近隣保育園児等が真剣な眼差しで演習を見学し、最後に行われた一斉放水では大きな歓声があがりました。子供達にとっては、保育園からのお散歩コースでもある三宝寺がとても身近なようで、「お寺が火災になっては大変!」と消防隊の活動に大きな声援を送り、火災から地域の文化財を守る意識づけを図ることができました。








             

↑このページのトップへ戻る