このページの本文へ移動
東京消防庁石神井消防署>災害状況>放火等に注意しよう

放火等に注意しよう

主な出火原因と対策

主な出火原因 対策
放火 可燃物を屋外に放置するのはやめましょう
  • 建物外周などに燃えやすい物を放置するのはやめましょう。
  • 車等のボディカバーなどは防炎処理をされたものを使いましょう。
  • ゴミは指定日時の指定場所に出しましょう。
たばこ 灰皿には水を
  • 灰皿には水を入れましょう。
  • 寝たばこはやめましょう。
  • 吸殻は水バケツ等に入れてから捨てましょう。
  • 喫煙場所で吸いましょう。
調理器具 絶対に離れないで
  • 使用中、絶対にその場を離れるのはやめましょう。
  • 離れるときは火を小さくするのではなく、必ず消しましょう。
  • 周辺に燃えやすいものを置くのはやめ、清掃・整理をしましょう。
  • 凝固剤を入れて再加熱する時もその場を離れるのはやめましょう。
  • 加熱防止装置付きの器具を使いましょう。
電気関係 たこ足配線はやめ、ほこりを取り除きましょう
  • たこ足配線はやめましょう。
  • 冷蔵庫などの電気プラグは定期的に外し、清掃・点検をしましょう。
  • 各部にほこりなど溜まることのないよう、清掃・点検をしましょう。
いたんだまま使用しない・重いものをのせない・こまめに消しましょう・プラグに埃(ほこり)をためない・タコ足配線をしない・コードをたばね使用しない
暖房器具 暖房器具の上で乾かさないで
  • 周囲に燃えやすい物を置くのはやめましょう。
  • 火が完全に消えたことを確認してから給油しましょう。
  • 可燃性の液体類などは必ずよく拭き取りましょう。

大切な命を火災から守るために

防炎物品や防炎製品

防炎品は、小さな火に接しても着火しにくく燃え広がるのを防ぎます!
エプロン、寝具類、車カバーなどがあり、防炎ラベルが貼られています。


↑このページのトップへ戻る