このページの本文へ移動
東京消防庁品川消防署インフォメーションパラリンピックメダリストが表敬訪問

パラリンピックメダリストが表敬訪問

 品川消防署を表敬訪問する小山選手
品川消防署を表敬訪問する小山選手(左下)
  平成30年1月15日(月)、パラリンピック水泳メダリストの小山恭輔(おやまきょうすけ)選手が品川消防署を表敬訪問されました。 
 小山選手は品川消防署管内の事業所である日鉄住金パイプライン&エンジニアリング株式会社に勤務し、北京パラリンピック50メートルバタフライでの銀メダル獲得をはじめとした成績を残す世界的トップパラアスリートです。
 中学2年生の時に発症した脳梗塞の影響で右半身に機能障害が残り、リハビリで水泳を再開したことから始まるパラアスリートとしての競技人生や、4度目の出場がかかる2020東京パラリンピック大会に対する想いなどを熱く語って頂きました。
  
小山選手の今後のご活躍を期待するとともに、品川消防署員も一丸となって2020東京オリンピック・パラリピック大会の成功に向けて安全安心の確保に取り組んでいきます!
  

〜〜〜小山恭輔選手プロフィール〜〜〜         
1987
1226日生 東京都東久留米市出身

主な成績
2008年北京パラリンピック   50mバタフライ 銀メダル
2012年ロンドンパラリンピック 50mバタフライ 銅メダル
2016年リオパラリンピック    50mバタフライ  5
 はしご車の搭乗体験をする小山選手
はしご車の搭乗体験をする小山選手(右)
 2020東京オリンピック・パラリンピッックに向けて頑張ります!!
2020東京オリンピック・パラリンピッックに向けて頑張ります!!



↑このページのトップへ戻る