このページの本文へ移動
東京消防庁品川消防署インフォメーション消防総監感謝状を贈呈しました。

消防総監感謝状を贈呈しました。

 品川消防署では、平成29年3月9日(木)、バイスタンダーとして救命活動を行った3名の方に対し、消防総監感謝状を贈呈しました。

 これは、平成29年2月9日(木)、品川区東五反田四丁目の建物内で行われたセミナー会場において、セミナーに参加していた男性が昼食中に突然けいれんし意識を失い心肺停止状態に陥った救急事案です。

 現場に居合わせた看護師の洪 壽美(こう すみ)さんは近くに居た人たちに協力を依頼し、リーダーシップをとりながら自らは傷病者の容態観察と胸骨圧迫(心臓マッサージ)を行い、そばにいた主婦の中村 利紗さんは洪さんと交代して胸骨圧迫を実施しました。また、セミナー関係者の北川 亜紗美さんは洪さんから依頼され、119番通報を行いました。
 他に居合わせた3名の方もAEDの搬送、気道確保、心肺蘇生法の時間管理などを行い、6名が協力して応急救護により男性を救命し、到着した救急隊に引き継ぎました。

 看護師で病院の救急救命センターに勤務する洪さんは、「看護師という仕事がら、自信を持って対応することができました。また、人材育成セミナーを受講していたことから、勇気を出して行動することができたと思います。ただ、今回は周囲の人たちから声をかけていただき、一致協力して応急救護を行うことができましたが、もし自分ひとりだったら救えなかったかもしれません。」と語っていました。

 冷静な判断と勇気ある行為、そして見事な連携プレーに対し、白谷憲治品川消防署長から消防総監感謝状が伝達されました。
受賞した洪 壽美さん 受賞した中村 利紗さん
   
 受賞した北川 亜紗美さん 受賞した3名の方と品川消防署幹部 

↑このページのトップへ戻る