このページの本文へ移動
東京消防庁品川消防署インフォメーション「文化財防火デー」に伴い「旧島津公爵家袖ヶ崎本邸洋館」の立入検査を実施しました。

「文化財防火デー」に伴い「旧島津公爵家袖ヶ崎本邸洋館」(清泉女子大学本館)の立入検査を実施しました。

 「文化財防火デー」は、昭和24年1月26日に法隆寺金堂壁画が火災により焼失したことを教訓に、貴重な文化財を火災から守ることを目的として昭和30年に定められました。
 品川消防署では、1月26日(木)の「文化財防火デー」を前にした25日(水)、当署管内に現存する東京都指定有形文化財である清泉女子大学本館の立入検査を実施し、防火管理体制及び消防用設備等の維持管理状況等を確認しました。
 「旧島津公爵家袖ヶ崎本邸洋館」(清泉女子大学本館)は、大正6(1917)年に落成披露が行われ、今年で100年を迎えます。
 当署では今後も立入検査等を実施し、火災等の災害から貴重な文化財を守り、管内各文化財関係者に対して防火防災体制の充実強化を呼びかけるとともに、都民に対して文化財愛護に関する意識の普及と防火防災意識の高揚を図っていきます。

「旧島津公爵家袖ヶ崎本邸洋館」(清泉女子大学) 消防用設備の維持管理の確認  関係者から防火管理体制等についての聞き取り調査
「旧島津公爵家袖ヶ崎本邸洋館」
(清泉女子大学本館)
消防用設備の維持管理状況の
確認
 関係者から防火管理体制等についての
聞き取り調査

↑このページのトップへ戻る